麻奈先生のブログ~木下式の子育て論~
by k-onkan
カテゴリ
全体
木下式音感教育法
しつけ
子育て
教育
お稽古事
親業
音楽
乳児
のぞみクラス
幼児
児童
名誉団員・卒業生
思春期・反抗期
自立について
運動
発達障害
保育園
楽院だより
我が家のこと
自分のこと
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
蛹の頃~さなぎのころ~
最新のコメント
出演園児のお母様へ ..
by k-onkan at 06:33
一番こわいのは、マナ先生..
by 出演園児の母 at 10:48
昔、近所の顔なじみの飲食..
by k-onkan at 10:32
>「じぃじ」 凄いです..
by ha-i at 01:48
ばら組の保護者さま ..
by k-onkan at 17:06
作者について
木下式音感教育法認定講師
  木下麻奈
     
 木下式の基本は、幼児期に「躾・規律」を教え、高度な音楽基礎教育を施すことです。詳しくは、ホームページをご覧ください。http://www.kinoshita-onkan.com

イラスト:「ケイ&シュート」
 By ケンイチ・シライ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


わが子を敵に回さないように・・・

女の子は男の子に比べ脳の分化が早いと言われ、小さい頃からいろいろなことに気づき、賢いものです。男の子を教えるより女の子に教える方が簡単なのもそのためです。あれこれと大人顔負けの批判をするのも女の子で、お母様にとって「可愛げがない」こともあるかもしれません。それも女の子の特質のことだと思って受け入れてください。多少、生意気なのは賢い証拠です。もちろん、親として気になる不愉快な言動は、「そういうことは、人に悪い印象を与えるから辞めなさい」と諭した方が良いと思いますが・・・。

e0143522_23102251.jpg娘はお父さん取り合うライバルのようなものです。お父さんがいると、あてつけのように可愛く甘えたりもするでしょう。ふだんお母さんを批判する時とは別人のような可愛さです。そんな姿を見るとつい、「いつもとちがう!」と思って「A子はこんなにふだん悪いのですよ」と言いつけたくなってしまうかもしれません。しかし、そこはグッとこらえてください。幼児期にお父さんから十分に可愛がられると女性としての可愛さが備わるからです。ご主人が「お母さん大事な子を可愛がっている」と喜んで寛容な気持ちで見守ってください。お母様が気にしなければ、娘もこれみよがしな態度もあまりしないはずです。反対に、女の子なのに、いつまでもおっとりした可愛い性格でいる子には違う心配があります。「女児特有の気づき」が目覚めておらず、他の女の子に遅れをとっている証拠だからです。そんな時は、男の子同様、叱咤激励して意識の芽生えを促します。

どうして、「そんなことが分かるの?」と思うでしょうか。私にもおしゃまな女の子だった時代があるのです。父の前だとあまりに態度が違うため、母は「私がいない方が麻奈が良い子ね。ママはいない方がいいのね・・・」。そんな言葉を聞けば聞くほど、嫌がらせをしたものでした。自分の娘だと思うと「言うことをきかせなければ」と思うのでしょうが、幼くても娘には、「共感しあえる相手」だと思ってつきあう方が良いのかもしれません。女友達なら互いに尊重しあってつきあうはずです。母もそれに気づき私を大人扱いして、「仕事で困っていること」などを話し理解を求めるようになり、お互いにつきあい易くなったと記憶しています。確か、小学校にあがったかどうかの頃だったと思います。

男の子を持つお母さんにとって、愛するお母さんを悪く言う姿など想像もつかないことでしょうが、男の子は男の子で注意が必要です。可愛い息子もいつか社会に出て活躍できるために、強くたくましい立派な男に育てなければならなりません。時におだて、時に励まし、男としての自信を備えさせます。もちろん、男の子も生意気な態度を見せるようになりますが、それは女の子よりもずっと先、思春期の頃でしょう。大好きなお母さんに頼らなくなったり、照れてあまり口もきかなくなります。その時のお母さんのショックは計り知れないものでしょうが、そうなったら、女の子同様、「ママの可愛いボク」ではなく、一人の人間として尊重してつきあうことを覚えましょう。子離れの時期が到来したのですから。男女に関係なく、親はわが子が思い通りにするのではなく、大人として好ましい方向へ導くことを考えてください。男女ともに一緒にいて不愉快でない人間、道徳が理解できる人間に育て社会に出すことが一番、大事なことだと思うのです。
by k-onkan | 2009-05-21 00:00 | 子育て | Comments(0)
<< 子供を育てるって怖い・・・ 楽しませてもらった!! >>