麻奈先生のブログ~木下式の子育て論~
by k-onkan
カテゴリ
全体
木下式音感教育法
しつけ
子育て
教育
お稽古事
親業
音楽
乳児
のぞみクラス
幼児
児童
名誉団員・卒業生
思春期・反抗期
自立について
運動
発達障害
保育園
楽院だより
我が家のこと
自分のこと
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
蛹の頃~さなぎのころ~
最新のコメント
出演園児のお母様へ ..
by k-onkan at 06:33
一番こわいのは、マナ先生..
by 出演園児の母 at 10:48
昔、近所の顔なじみの飲食..
by k-onkan at 10:32
>「じぃじ」 凄いです..
by ha-i at 01:48
ばら組の保護者さま ..
by k-onkan at 17:06
作者について
木下式音感教育法認定講師
  木下麻奈
     
 木下式の基本は、幼児期に「躾・規律」を教え、高度な音楽基礎教育を施すことです。詳しくは、ホームページをご覧ください。http://www.kinoshita-onkan.com

イラスト:「ケイ&シュート」
 By ケンイチ・シライ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タイトルにだまされないで

本のタイトルは読者の心を掴むような刺激的なものが選ばれるようですが、実はその裏に他の意味があることもあります。たとえば、「管理教育がいけない」という本にも、「子供にルールを教える必要はある」と小さな声で訴えられていたり、反対に「子供に管理教育を」という本が、「子供の成長に伴って自主的に考えるよう習慣を持たせることも必要」と謡っていたりします。つまり、タイトルだけでその本全体を理解することなどできないということでもあります。

e0143522_0103030.jpgさて、最近、なかなか面白い本を読んだので、ご紹介しましょう。「男の子を上手に伸ばす母親はここが違う」「女の子を上手に伸ばす母親はここが違う」(著:松永 暢史 扶桑社)です。こうした本に、必ずしも「わが子について」が書かれていませんが、多くの子供と関わってきた私には、作者の言うことを「分かる、分かる」とうなづく場面が多くある本でした。

平素、子供と付き合っていて、「男の子(女の子)だからできること」「男の子(女の子)だからできないこと」をよく感じます。そのため、無意識に、「男の子が理解できる言い方」「女の子が理解できる言い方」の双方を心がけています。本当は女の子には面倒な説明はいらないのですが、男の子を納得させるために「これをする理由は何か」など明確に説明します。女の子にはあまり必要ない説明ですが、将来、母親になった時に、わが子に理論立てて教えることができればと思います。反対に女の子には、いろいろな状況や情報によって、雰囲気を伝え「どうしたらいいと思う?」と共感や答えを引き出したりします。

よく、女性ばかりの家族に生まれると「男性が理解できない」と聞くことがあります。私たち姉妹は、昔かたぎの父親と、男の兄弟があるため、「男ってこんなもの」ということを肌で理解してきました。たとえば、女の子なら、「ダメと言われたら、その雰囲気でダメ」と理解できますが、男の子はたとえ「してはいけない」と厳しく言われたとしても、自分で経験して失敗してみるまで分からないものです。そんな男の子の姿を見るたび「なんて、わからんちん? 理解力がないの!?」と思っていましたが、この本を読めば、「男の謎」が分かり、納得がいくかもしれません。子供とつきあう機会のある方には、是非、一度、読んでいただきたい本でした。
by k-onkan | 2009-06-19 00:10 | 子育て | Comments(0)
<< 今日は何の日!? おぶった子より抱いた子・・・ >>