麻奈先生のブログ~木下式の子育て論~
by k-onkan
カテゴリ
全体
木下式音感教育法
しつけ
子育て
教育
お稽古事
親業
音楽
乳児
のぞみクラス
幼児
児童
名誉団員・卒業生
思春期・反抗期
自立について
運動
発達障害
保育園
楽院だより
我が家のこと
自分のこと
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
蛹の頃~さなぎのころ~
最新のコメント
出演園児のお母様へ ..
by k-onkan at 06:33
一番こわいのは、マナ先生..
by 出演園児の母 at 10:48
昔、近所の顔なじみの飲食..
by k-onkan at 10:32
>「じぃじ」 凄いです..
by ha-i at 01:48
ばら組の保護者さま ..
by k-onkan at 17:06
作者について
木下式音感教育法認定講師
  木下麻奈
     
 木下式の基本は、幼児期に「躾・規律」を教え、高度な音楽基礎教育を施すことです。詳しくは、ホームページをご覧ください。http://www.kinoshita-onkan.com

イラスト:「ケイ&シュート」
 By ケンイチ・シライ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


愛情あふれる親が必要

「ねじれた絆-赤ちゃん取り違え事件の十七年-」を読みました。これは、第二次ベビーブームに多発して社会問題になった「赤ちゃん取り違え事件」を25年間、取材し続けたノンフィクションのドキュメンタリー作品で、最近、カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した映画の参考文献でもあります。
映画やこの本の評判で、6年間育てたわが子を、手放せるか、など、いろいろと議論されていましたが、実際にドキュメンタリーを読むと、子供にとって大切なことは、実の親か、育ての親か以上に、「どんな親」に育てられたかが一番大事であるかを改めて感じさせられました。

e0143522_1544958.jpg取り違えられた女の子たちは、経済的には大差ない家庭の子供でした。しかし、決定的に違うことがありました。それは、Aの家庭には、子供の将来を思って、悪いことは悪いと叱り、教育を与えることが子供の財産になると信じた愛情深いお母さんがいました。Bの家庭には、育児放棄のお母さんがいて、それを親族の女性の手を借りながら父親が4人の子供を育てる家庭でした。

教育熱心なお母さんは、幼児のうちに、ひらがなを教え、絵本を読めるように育て幼稚園に送り出しました。しかし、小学校入学に際して、子どもの交換をすると、実の子としてやってきた女の子は、野生人のようで、ひらがなも読めず、自分の名前も読み書きできず、部屋の片隅で震えていて、なかなかなつきませんでした。小学校に入るまでに、なんとか、自分の名前だけは分かるようにしたといいます。

しかし、最初は動物のように震えていた実の娘は、愛情深いのお母さんのもとで、少しずつ、心を開き、最終的には、育児放棄の母がいる育った家には帰りたがることはなくなっていきました。しかし、最初にこのお母さんに育てた娘は、この家庭を「自分の家庭」と思い、実の親の家では、自分の知恵を最大限、駆使して、いかにして、育った家に帰るかを考えて暮らしました。実の父親に機嫌よく、育った家に送ってもらうために、愛想を使い、年齢が大きくなると、バスに乗るために、小銭の計算をして、お金をためて自力でバスを使って、育った家に行ってしまいます。

周囲の大人は、取り違えられた子供たちを、「かわいそう」と思い、週末になると、互いの家への行き来を続けていたのです。それが、当時、数多く起きた取り違い事件の中でも、異例だったのかもしれません。通常は、まったく別の生活をする、遠いところに別れて、いつしか、子供は新しい生活になれていくようです。そのときは、心が引き裂かれるようであっても、時が解決してくれることもあるのかもしれません。

しかし、沖縄の事件は、実の親から逃げ出しては育った家に帰る娘と、次第に新しい家庭に馴染んでいく育ての子を見て、同じ敷地内に住めば解決するのではと思い、お互いに近くに住むことになったのですが、結局、実の子も、育ての子も、愛情にあふれる母親のいる家庭になつき、片方の父親はとても悲しい思いをしたようです。もし、取り違えられた二つの家庭のどちらにも、子供を可愛がるお母さんがいたら、交換した直後は苦しくても、最終的には、子供は実の親もとでなんとか育っていったのかもしれません。実の親か、本当の親か、どちらが正しいは、その子供が成長して、大人になるまで分からないものです。しかし、子供には、厳しくても、愛情あふれる親が必要だと再認識させられたのでした。
by k-onkan | 2013-10-27 23:00 | 子育て | Comments(0)
<< かわいそうだからこそ・・・ 親になるということ >>