麻奈先生のブログ~木下式の子育て論~
by k-onkan
カテゴリ
全体
木下式音感教育法
しつけ
子育て
教育
お稽古事
親業
音楽
乳児
のぞみクラス
幼児
児童
名誉団員・卒業生
思春期・反抗期
自立について
運動
発達障害
保育園
楽院だより
我が家のこと
自分のこと
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
蛹の頃~さなぎのころ~
最新のコメント
出演園児のお母様へ ..
by k-onkan at 06:33
一番こわいのは、マナ先生..
by 出演園児の母 at 10:48
昔、近所の顔なじみの飲食..
by k-onkan at 10:32
>「じぃじ」 凄いです..
by ha-i at 01:48
ばら組の保護者さま ..
by k-onkan at 17:06
作者について
木下式音感教育法認定講師
  木下麻奈
     
 木下式の基本は、幼児期に「躾・規律」を教え、高度な音楽基礎教育を施すことです。詳しくは、ホームページをご覧ください。http://www.kinoshita-onkan.com

イラスト:「ケイ&シュート」
 By ケンイチ・シライ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


もっと保育園増やすの!?

最近、シッターサイトで見つけた他人に預けた子供が亡くなる事件がありました。「知らない人に預けないと生活できない親の事情も考慮して」という意見もありますが、一番の犠牲者は亡くなった子供です。もし、シングルマザーでお金がなくて何日も泊りがけで働くほど、劣悪な生育環境なら、批判が多かったテレビ番組「明日、ママがいない」のように、施設に預けた方が子供は幸せだったのではないか、と思ってしまいます。そして、何より心配なのは、「若いお母さんが、劣悪な環境で子育てするのは、保育園が足りないから。、もっと、夜中まで預けられる保育園を増やそう」という流れになっていくことです。

e0143522_2112714.jpg保育園に預けなければならない事情の方もいると思うので、保育園を全面否定するつもりはありません。しかし、朝から晩まで、親から離れていることの弊害を知った上で、お子さんを預けていただきたいのです。生後2ヶ月から、早朝から晩まで保育園にいて、夜は晩御飯にお風呂で寝るだけ、朝は目覚めると保育園にいる、そんな生活育っていく子供は、やはり、どこか不憫です。

なにより、ほとんどの時間を保育園で過ごすお子さんは、一緒に過ごすことが多い親子と比較して、親御さんから深く理解されていないと感じることがあります。たとえば、一緒にいる親子は、自分の子が、「友達と一緒のとき、何を見てどこで腹を立てて、その結果、どうなったか」を垣間見ることができます。しかし、働くお母さんは「けんかして、怪我をして帰ってきた」ということだけを知らされます。その間に、子供がどんな風に感じて、どんな心の葛藤を経験したかまでは、知る機会もありません。

せめて、週末や夜など、時間があるときは、子供の目を見て、色々なことを話したり、一緒に、本を読んだり、遊んだり、親子の関係がよくなる努力をしてほしいと思いますが、週末を効率よくすごすために、つい大人のペースになってしまうことも多いだろうと思います。

私が保育園に通うお子さんをお預かりして、共通して心配していることがあるのです。それは1対1で目線が合わせられるまでに長い時間を要すること、集団の中でなんとなく周りに合わせていても、実際には言葉の意味を理解していないことや会話がかみ合わないことがある、などなどです。

それでも、働く親御さんは、お子さんを保育園に預けなければならない事情があるのだと思うので、せめて、その事実から目をそむけないでいただきたいと思います。なぜなら、子供の事情を理解している親御さんは、「働いている自分だけがたいへん。子供は、高いお金を払って保育園に行かれて幸せ」とは思わないはずだからです。親御さんが頑張って働いているように、子どもも頑張って保育園で我慢している、このことは、絶対に忘れてはなりません。そして、どんなに仕事が忙しくても、どんな事情があっても、子供に問題が生じたら、親は正面から向き合わなければなりません。小さな問題を放置すると、将来、社会に迷惑をかける芽になるかもしれないからです。そして、子供がしたことの責任を親が取らなければならないのは幼稚園育ちでも、保育園育ちでも同じことです。
by k-onkan | 2014-03-21 21:12 | 子育て | Comments(0)
<< 子どもに「打たれ強さ」を教えよう! 親が変われば子供は変わる! >>