麻奈先生のブログ~木下式の子育て論~
by k-onkan
カテゴリ
全体
木下式音感教育法
しつけ
子育て
教育
お稽古事
親業
音楽
乳児
のぞみクラス
幼児
児童
名誉団員・卒業生
思春期・反抗期
自立について
運動
発達障害
保育園
楽院だより
我が家のこと
自分のこと
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
蛹の頃~さなぎのころ~
最新のコメント
出演園児のお母様へ ..
by k-onkan at 06:33
一番こわいのは、マナ先生..
by 出演園児の母 at 10:48
昔、近所の顔なじみの飲食..
by k-onkan at 10:32
>「じぃじ」 凄いです..
by ha-i at 01:48
ばら組の保護者さま ..
by k-onkan at 17:06
作者について
木下式音感教育法認定講師
  木下麻奈
     
 木下式の基本は、幼児期に「躾・規律」を教え、高度な音楽基礎教育を施すことです。詳しくは、ホームページをご覧ください。http://www.kinoshita-onkan.com

イラスト:「ケイ&シュート」
 By ケンイチ・シライ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


自己肯定感を育てる!?

最近、いろいろな場所で「自己肯定感が大事」という言葉を目にします。確かに、幼稚園や保育園にも複雑な事情のお子さんがおり、「自己肯定感」を育むことがいかに重要かを感じます。ですが、どんな複雑な事情があったとしても、三食、体にいいものを食べさせ、清潔な衣服を着せ、子どもの話に耳を傾ける親御さんなら――たとえ、時々、「今は忙しいから後で」と怒鳴ったとしても、子どもは自己肯定感を持って育っていくと感じます。

e0143522_14462141.jpg反対に、お腹が減っているのに、わざと食事を与えなかったり、何かをしようとすると「あんたみたいな子にはできない」と否定したり、汚れた服しか着るものがないとしたら、どんなに、支援者や先生たちが褒めて育てても自己肯定感は育たないだろうと思います。

子どもはいろいろな経験を通して、気づくと自己肯定感が育っているものではないかと思います。その一番に必要なのは、絶対的に自分を守ってくれる存在があること。そして、社会に出たら、守ってくれる人がいなくても、自分のすべきことができること。これができれば自己肯定感を心配する必要はないと思います。もし、いろいろな事情で、わが子にできないことがあるなら、努力の方法を身に付けさせるのも自己肯定感への早道です。これは、誰かが、表面的に優しい言葉をかけたり、誉めそやしたからと言って身に付くものではないのです。

私がこれまで出会った親御さんでわが子の「自己肯定感」について心配する方には、共通点がありました。それは、子ども以前に、お母さんに自信がなく、いろいろな情報に左右されてしまうこと。また、不安さが優柔不断となり、わが子の気持ちからどんどん離れ、その結果、子どもの問題行動につながっていました。どんなにわが子を「自己肯定感」のある子に育てようと思っても、育てる親御さんが自分を肯定できないまま、子どもだけ幸せにすることはできないように思います。

私もですが、一般に支援や教育をする立場の人は、平均的な一般論を話すものです。ですから「自己肯定感が大事」と言うのは、あくまで一般論であり、その言葉を聞いたからといって、「うちの子は自己肯定感が育っていないのではないか?」とビクビクする必要はないと感じます。専門家や肩書を持った人も、ピンからキリまでいます。専門家だからといって、すべて信じる必要はないのです。一番、大事なことは親御さんが、「自分の感性にあったもの」を見つけることです。そして、その際に生きるのが「親御さんの自己肯定感=自分がいいと信じられるものがあること」ではないでしょうか。
by k-onkan | 2015-01-28 23:45 | 子育て | Comments(1)
Commented by GRAY at 2015-03-10 11:47 x
麻奈先生!!この記事素晴らしいです。

感動しました。麻奈先生が、毎日真摯に日常生活を送っていらっしゃることがとても良く伝わってきました。
自己肯定感。教育の現場で多用していますが、子供たちに自己肯定感を持たせるのは難しい場合もあると考えていたところです。
考えさせられる記事でした。
ありがとうございます。




<< 大事なのは、本気になること!! 「傾聴」に物、申す!? >>