麻奈先生のブログ~木下式の子育て論~
by k-onkan
カテゴリ
全体
木下式音感教育法
しつけ
子育て
教育
お稽古事
親業
音楽
乳児
のぞみクラス
幼児
児童
名誉団員・卒業生
思春期・反抗期
自立について
運動
発達障害
保育園
楽院だより
我が家のこと
自分のこと
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
蛹の頃~さなぎのころ~
最新のコメント
出演園児のお母様へ ..
by k-onkan at 06:33
一番こわいのは、マナ先生..
by 出演園児の母 at 10:48
昔、近所の顔なじみの飲食..
by k-onkan at 10:32
>「じぃじ」 凄いです..
by ha-i at 01:48
ばら組の保護者さま ..
by k-onkan at 17:06
作者について
木下式音感教育法認定講師
  木下麻奈
     
 木下式の基本は、幼児期に「躾・規律」を教え、高度な音楽基礎教育を施すことです。詳しくは、ホームページをご覧ください。http://www.kinoshita-onkan.com

イラスト:「ケイ&シュート」
 By ケンイチ・シライ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


親だから子を守る努力はしよう

最近のニュースで耳掃除をする際の事故が増えていると聞きました。なんでも、わが子の耳掃除中に鼓膜を破ってしまう親御さんもいれば、自分の耳掃除中に子どもにじゃれつかれて鼓膜を傷つけるなど、いろいろな事例があるようです。

e0143522_12272895.jpg私の親族には子供時代に患った耳の感染症で聴覚に障害を持った人がいます。音楽に関わる人にとって耳が聴こえなくなることは、致命的なことなので、耳に関しては過剰なほど神経質な方です。そのため、ニュースから「鼓膜に穴が……」と聞くだけで、背筋に寒いものが走るほどです。

さて耳の事故を予防するには、普段から、大人も「耳掃除をしている時は、気を付けなければいけない。いきなり動くと鼓膜が破れて耳が聴こえなくなる。絶対に動いたり、驚かせたりはしないこと」と真剣な声で子どもに伝える必要を感じます。

今でこそ、笑い話ですが、私が子どもの頃、耳掃除は父の担当でした。「いかに危ないことか」を聞かされていた私たちは、耳掃除の間は、硬直したかのように動かないように気を付けたものでした。父の心配が子供だった私たちにも伝わってきたからです。

最近、行きつけの小児耳鼻科に、「子供が泣いてもお母さんは子供を押さえる手は絶対に離さないで!」と言う張り紙を見かけました。耳鼻咽喉科の診察は、乳幼児にとって、苦しいものです。ですが、苦しいからと自由にして痛い思いをしたら、もっとつらいのが子供です。お母さんは、子供が泣いて嫌がると、無意識で手の力が緩むのかもしれませんが、大けがをさせないために、お母さんも強さを持って、子供と関わるという心構えも大事なのかもしれません。
by k-onkan | 2016-02-25 23:27 | 子育て | Comments(0)
<< 卒業生って、ひどい!? 悪いことをしたら厳しい声と表情を!! >>