麻奈先生のブログ~木下式の子育て論~
by k-onkan
カテゴリ
全体
木下式音感教育法
しつけ
子育て
教育
お稽古事
親業
音楽
乳児
のぞみクラス
幼児
児童
名誉団員・卒業生
思春期・反抗期
自立について
運動
発達障害
保育園
楽院だより
我が家のこと
自分のこと
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
蛹の頃~さなぎのころ~
最新のコメント
出演園児のお母様へ ..
by k-onkan at 06:33
一番こわいのは、マナ先生..
by 出演園児の母 at 10:48
昔、近所の顔なじみの飲食..
by k-onkan at 10:32
>「じぃじ」 凄いです..
by ha-i at 01:48
ばら組の保護者さま ..
by k-onkan at 17:06
作者について
木下式音感教育法認定講師
  木下麻奈
     
 木下式の基本は、幼児期に「躾・規律」を教え、高度な音楽基礎教育を施すことです。詳しくは、ホームページをご覧ください。http://www.kinoshita-onkan.com

イラスト:「ケイ&シュート」
 By ケンイチ・シライ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


小さな積み重ねがレジリエンスを育てる

最近、「レジリエンス」という言葉をよく見かけるようになりました。レジリエンス(resilience)とは、「精神的回復力」「抵抗力」「復元力」「耐久力」などと訳される心理学用語だそうです。私たちも、音感を教える際に注意したり、叱ったりすることがありますが、その後、どのように立ち直らせ、自分の気持ちに折り合いをつけさせるか、その上で、注意されたことを改善できるようにするか―子どもたちは気づいていませんが―結構、気を使っています。

e0143522_1931175.jpg最近、強く感じるのは、自分の不注意で失敗しても、悲しみの涙を流して自分の世界に入りこむ子が増えたことです。しかし、子供であっても、「失敗したり注意されたこと」には理由があります。その原因を改善せずに泣いて悲しんだだけでは、問題に挑戦したことにはなりません。意に添わない結果に遭遇しても、涙を流して終わらせるのではなく、気分を変えて、もう一歩頑張る気持ちを育てる必要を感じます。

今日のレッスンでは、いつも一番、頑張る3歳のSちゃんが、「おんぷをよもう」の時に、私から小さな注意を受けました。それは、「同じ音を「ソソソソ」と続けて歌う時は、口型は動かさないで歌いましょう」ということでした。しかし、いつも、クラスで一番、頑張っているSちゃんは、「注意を受けたこと」がショックで涙が止まりません。

最初は「口の型を直すだけだから、頑張って」と優しく励ましてみたのですが、いつまで経っても涙を止められません。「泣いている人は、土曜日の音楽会に出られなくなってしまう……」と言うと「出ない」と言い出しました。注意されたこともショックを受けた原因ですが、音楽会に対する緊張や不安も子供なりに感じているのかもしれません。

子供が「出たくない」といったからといって、頑張ることをやめていいことにはなりません。特に、3人きょうだいの末っ子のSちゃんが、姉や兄と同じ音楽会に出ることを目標にしていたことは、私たちが一番知っています。「音楽会に出るために、これまで、みんなで練習してきたのに、『出ないでいい』というわけにはいかないでしょう。メソメソせずに、ちゃんと頑張りなさい」と少し厳しい声を出すと、心を決めて取り組みはじめました。

子どもと関わる際に、全てを子どもの意思に任せると、子供の「したいこと」だけをさせて、苦手なことを避けて通ることがあります。その時々、子供の様子を見ながら、手を差し伸べるべき時もあれば、あえて、「いい加減にしなさい」と厳しく対応して、子供自身で腹を決める手助けをすることもあります。

Sちゃんのレッスンの前に、2歳の男児のレッスンがありました。最近、音感クラスに進級したのですが、ここ数週間、赤ちゃん返りをしています。お母さんのお腹に新しい命が宿り体調が悪いことも原因かもしれませんが、数か月前に問題なくできたことも、とにかく、すごく大ごとです。

音感のレッスンも途中までに、「レッスンに来たら、やることはしなくちゃ」「やった人はおやつよ」「やらないなら、暗い部屋で反省しよう」というやりとりもあったのですが、赤ちゃん返りをする男児の気持ちも受け入れて、「わかった。今日は、やりたくないというなら、これでおしまいにして帰っていい。でも、おやつは出せない。楽院のおやつは頑張った人のご褒美だから…」。

このことを納得させるのに、30分以上の時間がかかりました。最後に「おやつを食べなくていいから、帰る」と、納得して帰っていきました。これもまた成長だと思っています。なぜなら、ご家庭なら、やりたくないことはしなくても欲しいものだけは、手に入れているだろうと思うからです。

女性のお母さんから見ると「あんなに大きな声で「やらない」と泣く元気があるなら、サッと歌っておやつを食べた方がずっと簡単」に見えるかもしれません。けれど、男児には「やらないと言ったら、やらない」という時もあるのです。ただし、音感を教える私も通さなければならない「筋」があるので、「やらなくてもいいけれど、おやつは出さない」は貫いたのでした。次回、どんな様子でレッスンにくるか、楽しみですが、こうした小さな関わり一人ひとつが、子供の回復力や挑戦力を少しずつ、育てていくのかもしれません。
by k-onkan | 2016-07-07 19:01 | 子育て | Comments(0)
<< 音楽が必要な運動もある! 音楽も身体が基本 >>