麻奈先生のブログ~木下式の子育て論~
by k-onkan
カテゴリ
全体
木下式音感教育法
しつけ
子育て
教育
お稽古事
親業
音楽
乳児
のぞみクラス
幼児
児童
名誉団員・卒業生
思春期・反抗期
自立について
運動
発達障害
保育園
楽院だより
我が家のこと
自分のこと
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
蛹の頃~さなぎのころ~
最新のコメント
出演園児のお母様へ ..
by k-onkan at 06:33
一番こわいのは、マナ先生..
by 出演園児の母 at 10:48
昔、近所の顔なじみの飲食..
by k-onkan at 10:32
>「じぃじ」 凄いです..
by ha-i at 01:48
ばら組の保護者さま ..
by k-onkan at 17:06
作者について
木下式音感教育法認定講師
  木下麻奈
     
 木下式の基本は、幼児期に「躾・規律」を教え、高度な音楽基礎教育を施すことです。詳しくは、ホームページをご覧ください。http://www.kinoshita-onkan.com

イラスト:「ケイ&シュート」
 By ケンイチ・シライ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


途中で見捨てないで・・・・・

たとえば、男女が痴話喧嘩をした時に、女性が「放っておいて」と言ったからといって言葉通りに放って帰ったら、「女心がわからない、優しさがない」と男性は女性から責められる可能性は高いように思います。もちろん、女性の中には「放っておいて」は「本当に構わないで」とストレートな意味の男気にあふれた人もいるでしょう。しかし、そういう人は、子供時代から自分の願いを素直に口にして受け入れられた人なのだろうと、想像します。

e0143522_20231052.jpg本当は「放っておいてほしくない」のに「放っておいて」というのは、子供時代に親が忙しかったり、自分から「いい子でいなければ」とわがままを言わなかった人かもしれません。本当は「構ってほしい」のに素直に言えない代わりに病気になったり、わざと問題を起こす「面倒なタイプ」の話です。

私自身に、まさしくそんなところがあり、大学生になってアメリカで一人暮らしをしていた頃には、ずいぶん周りの友人に迷惑をかけたものでした。ストレートな表現が多いアメリカで、ストレートな表現をすることで、ずいぶん、素直に自分の気持ちを言えるようになったと思いますが、それまでの道のりは長かったと感じます。

よく「子どもの頃、いい子だった子が危ない」と言われるのは、自分の気持ちを素直に出せないまま、思春期に突入して、その感情をコントロールできなくなるからだろうと思います。10代で面倒なぐれ方をする子どもは、必ず、「大人なんて」とか「こっちに来るな」と乱暴な拒絶の言葉を発します。でも、そこには、「自分に愛情がないなら」とか、「途中で見捨てるつもりなら」構わないでほしいと聞こえます。私が思春期の子の面倒に関わったら、最後まで絶対に見放してはいけない、と感じるのは、そんな理由からなのです。

10代の子どもや、成人した大人になっても、そんな表現をする人がいるのですから、幼児が「ママ、嫌い、あっちへ行って」と走って逃げたり、部屋に閉じこもったときでも、「本人が望んだことだから」と放っておかないであげてほしいのです。きちんと子供を抱きしめて、「どうしたの? 何がいやだったの? ちゃんとママに話して」と話を聞いてあげてほしいと思います。そして、お母さんの側の話もきちんと伝えてほしいのです。

大人に余裕がないと、親御さんが「だったら、もう勝手にしなさい」と怒ってしまうこともあるでしょう。すると、子供は自分の「負の感情が誰にも受け入れられない」と思い、益々、素直な表現が苦手になると感じます。

はじめての子育てで、お母さんも、お父さんも余裕がないのかもしれません。でも、子供はそれ以上に、もっと心配ごとが多いものなのです。どうか、子供の気持ちは途中で見捨てずに、最後まで付き合ってください。その過程で、「ダメなことはダメ」と言っていいのです。また、親御さんばかりが我慢したり、自己犠牲を払う必要はありません。ただ、「人間」と「人間」として、「していいこと、悪いこと」を伝えたり、「受け止められること、受け止められないこと」をきちんと伝え、親としてわが子を愛しているを示してほしいのです。それが、将来、子供が幸せに生きていくために、絶対に必要なことだと思うから――。
by k-onkan | 2017-04-16 22:21 | 子育て | Comments(0)
<< 幸せな誕生日を迎えて 心配してもいい。でも、し過ぎないで! >>