麻奈先生のブログ~木下式の子育て論~
by k-onkan
カテゴリ
全体
木下式音感教育法
しつけ
子育て
教育
お稽古事
親業
音楽
乳児
のぞみクラス
幼児
児童
名誉団員・卒業生
思春期・反抗期
自立について
運動
発達障害
保育園
楽院だより
我が家のこと
自分のこと
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
蛹の頃~さなぎのころ~
最新のコメント
ありがとうございます。女..
by k-onkan at 19:28
久しぶりにこのブログを訪..
by 藤本トモエ at 09:31
出演園児のお母様へ ..
by k-onkan at 06:33
一番こわいのは、マナ先生..
by 出演園児の母 at 10:48
昔、近所の顔なじみの飲食..
by k-onkan at 10:32
作者について
木下式音感教育法認定講師
  木下麻奈
     
 木下式の基本は、幼児期に「躾・規律」を教え、高度な音楽基礎教育を施すことです。詳しくは、ホームページをご覧ください。http://www.kinoshita-onkan.com

イラスト:「ケイ&シュート」
 By ケンイチ・シライ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


苦労したから感動がある!

先日、保育参観をした園に、音感指導にうかがいました。子どもたちは、短期間に3回レッスンをしたこと、そして、親御さんに勉強成果を見ていただき、すっかり意欲に満ち溢れていました。といっても、これから二週間、レッスンが空くので、また少しは後退してしまうのも、覚悟の上ですが……。

e0143522_1943457.jpgさて、この参観で私が印象に残ったのは、担任の先生からの感想でした。それは、「Xくんが、親御さんたちの前で、一人で音符を指さして歌えるようになった姿に、自分が涙ぐみそうになってしまいました」というものでした。

保育参観の時は、普段のレッスン通り、一人ずつ、「おんぷをよもう」を歌う姿を保護者の方に見ていただきました。また、「おんぷをかこう」や「ききわけノート」などの記譜教材は、赤い丸がついたら、「お母さんやお父さんに見せて行ってらっしゃい」と促しました。集団のお稽古の中で、本当にわが子ができているか、普段、働いている親御さんにもご確認いただきたかったからです。

クラスの中には、音感のお稽古をはじめた時に、担任の先生から「この子は一緒に音感のレッスンを受けさせるのはかわいそうではないか」と相談をいただいた男の子がいました。Xくんです。他の子に比べると口数も少なく、かるたを掴んだり、鉛筆を持つのも、とても難しかったものでした。

しかし、木下式の教育は、でも同じことを、異なる手法で教えるため、気長に反復を続けていれば、いつか、みんなと同じことができるようになると、私は思っていました。その成果が、保育参観で、「ドレミファソラシド」までの音符の読み書きができるようになった姿です。

保護者の方には、「クラス全員が、同じことをできるようになっているだけ」に見えるかもしれません。しかし、30人の子供がいると、新しいことを教わりすぐにできる子もいれば、数回の反復で完璧になる子、人の二倍かかる子、五倍かかる子、十倍は復習する必要がある子もいます。

そういうお子さんの中で、特に援助が必要なお子さんには、担任の先生が、音感以外の時間を使って鉛筆の持ち方練習をさせたり、音符の読み書きを復習したりしてくださったのです。その結果が、一人ずつ、みんなが同じことができるようになっている姿です。

不思議なことですが、親御さんだから、わが子から感動をいただけるのではなく、困難を一緒に乗り越えた人が一番の感動をいただける、ということかもしれません。この保育参観での私の何よりの習慣は、担任の先生が、「子どもができるようになった喜び」を心から経験できたことだったようです。
by k-onkan | 2017-05-16 23:39 | 保育園 | Comments(0)
<< 大人にも感情や都合がある あまりに大人で・・・・・・ >>