麻奈先生のブログ~木下式の子育て論~
by k-onkan
カテゴリ
全体
木下式音感教育法
しつけ
子育て
教育
お稽古事
親業
音楽
乳児
のぞみクラス
幼児
児童
名誉団員・卒業生
思春期・反抗期
自立について
運動
発達障害
保育園
楽院だより
我が家のこと
自分のこと
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
蛹の頃~さなぎのころ~
最新のコメント
ありがとうございます。女..
by k-onkan at 19:28
久しぶりにこのブログを訪..
by 藤本トモエ at 09:31
出演園児のお母様へ ..
by k-onkan at 06:33
一番こわいのは、マナ先生..
by 出演園児の母 at 10:48
昔、近所の顔なじみの飲食..
by k-onkan at 10:32
作者について
木下式音感教育法認定講師
  木下麻奈
     
 木下式の基本は、幼児期に「躾・規律」を教え、高度な音楽基礎教育を施すことです。詳しくは、ホームページをご覧ください。http://www.kinoshita-onkan.com

イラスト:「ケイ&シュート」
 By ケンイチ・シライ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


難しい、でも頼もしいのが女の子

最近、木下先生に「話が通じるのも、気がきくのもKちゃんだけだ」と褒められている4年生の女の子がいます。小さな頃から賢い子ではありましたが、大事な時に気弱な面が出るため、これまでは、今ひとつ、評はは高くなかったのですが、夏の尾瀬合宿で班長という大役を果たして、私たちと対等に口をきける、自信のようなものが出てきたのでしょう。

e0143522_17495069.jpg楽院に通う目立つタイプの女の子は、木下先生に褒められて自信が持てるようになると、女性から見ると「かなり感じが悪い風」に仕上がっていくという成長過程があります。

ちょうど、「木下先生に認められているのだから、他の女の先生の言葉に耳を傾けなくても大丈夫」という雰囲気でしょうか。その家庭で、一番の権力を持っている男性に可愛がられている娘が陥りやすい「落とし穴」ともいえます。ですが、同性である女性から見ると、「考え違い」も甚だしく見えます。

実力主義は楽院の方針ですし、褒められることで、子どもは伸びていきます。伸びてくると、チャンスも増えていきます。いろいろな機会を与えることは、私たちの判断でさせていることなので、その結果、感じが悪くなれば、歯に衣を着せずに、「その物言いは、どうかと思う」とか「それは、感じが悪い」「そろそろ、いい加減にしておきなさい」と大人として、叱ることになります。

現在、子供たちが、12月の発表会のために、独唱や独奏に取り組んでいます。そして、1年間の進歩を感じる子どもには、音楽祭の出場チャンスが与えられます。最近、木下先生の評価が上がっているこの子は、作文に「独唱に出られるように頑張りたい」と書いていたので、私は念のため、オーケストラの楽譜を用意しています。その話を耳にしたらしいKちゃんが、「出るんですね?」と当然のような物言いをしたのです。

「最近、期待されているから、独唱は出られて当たり前」と思わせてはいけないので、「音楽祭に出すかどうかは、発表会の出来を見て、木下先生が決めること。麻奈先生はKちゃんが「最後の音楽祭で独唱にでられるように頑張りたい」と書いていたから、自分の責任を果たしているだけ。楽譜があっても、上手に歌えなかったら、木下先生は出してくれないと思うわよ。木下先生に「出してやろう」と言わせるのは、あなたの責任!」と伝えました。賢い子なので、すぐに余計なことを言ったと気づき、「頑張ります」と態度を改めました。

「感じが悪い」と思っていたのは、私だけでなく、瑠音先生からも、「合唱のとき、他の子が独唱をしている時の態度が調子に乗っていて、かなりイヤな感じを醸し出している」との報告がありました。楽院での生活態度は、そのまま、学校や塾、他のお稽古ごとでも、同じであることが多いものです。

特に、楽院以外の場所で、女の子の社会は用心が必要だと感じます。取り越し苦労ならいいのですが、最近は、小学生でも「ラインいじめ」もあると聞きますし、小学校で、クラス全員から総スカンを食らったりして精神的に追い詰められたら、辛いだろうと、心配症の私は想像してしまいます。

女の子の賢さは、同性には「厭らしい」とか「感じが悪い」と思われるものです。しかし、女の厭らしさは、女の賢さでもあり、だからこそ頼りにもなるので、私は、全否定するつもりはありません。正直を言えば、自分もその道を通り過ぎて、たくさんの大人に迷惑をかけてきたので、女の子たちの成長過程を否定することは、自己否定につながってしまうのです。

そのことを頭で理解はしていますが、とにかく、この時期の女の子は「面倒くさい」のです。ないがしろにすると傷つき、強く出ると反発することもあります。放任すると見捨てられた騒ぐ等々、とにかく賢いゆえに、大人の手薄なところを攻めてきます。でも、この時期を誠実に乗り越えると、本当に頼り甲斐のある優しい女性に成長するのも、経験上、分かっているので、面倒でも負けないように戦わなければと思っています。

子供の頃は楽院が苦手で、私のことも、木下先生のことも、怖くて怖くて、ビクビクと顔色をうかがっていたこの子にも、ついに、「女の子として自分に自信を持つ時期が来た」とその成長を感じながら、今後、どれだけ、生意気になって、どれだけ悪い態度を私につきつけてくるのか想像が想像を呼び、今からドキドキしているのです。
by k-onkan | 2017-11-11 23:12 | 児童 | Comments(0)
<< 応援が力になると信じて! そんな平等はいらない >>