麻奈先生のブログ~木下式の子育て論~
by k-onkan
カテゴリ
全体
木下式音感教育法
しつけ
子育て
教育
お稽古事
親業
音楽
乳児
のぞみクラス
幼児
児童
名誉団員・卒業生
思春期・反抗期
自立について
運動
発達障害
保育園
楽院だより
我が家のこと
自分のこと
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
蛹の頃~さなぎのころ~
最新のコメント
出演園児のお母様へ ..
by k-onkan at 06:33
一番こわいのは、マナ先生..
by 出演園児の母 at 10:48
昔、近所の顔なじみの飲食..
by k-onkan at 10:32
>「じぃじ」 凄いです..
by ha-i at 01:48
ばら組の保護者さま ..
by k-onkan at 17:06
作者について
木下式音感教育法認定講師
  木下麻奈
     
 木下式の基本は、幼児期に「躾・規律」を教え、高度な音楽基礎教育を施すことです。詳しくは、ホームページをご覧ください。http://www.kinoshita-onkan.com

イラスト:「ケイ&シュート」
 By ケンイチ・シライ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2016年 08月 08日 ( 1 )

気を付けて自然を楽しもう!

夏休みになると、川や海で遊んでいた人が事故に合うというニュースが後を絶ちません。川、海、山という自然に触れる際には、「何かがあった時」のことを万全に考えておく必要を感じます。

e0143522_0184819.jpgこれまで40年近く、合宿に出かけ、山登りや川遊びをしてきましたが、大きな事故に合わずに済んでいるのは、子供たちを自然に触れさせるための知恵を持つ先人の存在があったからです。山や川は、「これくらいは大丈夫」と甘く見ていると、あっという間に遭難の危機にさらされることが多々あるのです。

20年ほど前になりますが、尾瀬の至仏山に登った時のことでした。小至仏を超えたあたりで、あっという間にガスにまかれ列の先頭が見えなくなったことがありました。その当時の登山の責任者であったO先生の判断で、すぐに引き返したため、私たちは遭難することはありませんでしたが、「あと少しで頂上だから」と登り続けたら、危なかったと思います。

今年は尾瀬の川で、若いコーチが引率するよそのスポーツ教室の子どもたちと出会いました。自然の中でアミューズメントバークの乗り物を楽しむように、川でボードに乗って、水鉄砲で相手を打ち取ろうとする姿に、私たちは大きな危険を感じました。

人間が操作する乗り物なら、何かが起きた時に「止めて」と言えば、瞬時に止められるかもしれませんが、自然の中では、人間は無力です。そんなことを学ぶためにも、子ども時代に自然と関わる経験が何より大切だと思います。そうした体験ができるのが、夏休みです。楽しい思い出を作るためにも、いざという時のための万全を整えておきたいものです。
by k-onkan | 2016-08-08 23:11 | 親業 | Comments(0)