麻奈先生のブログ~木下式の子育て論~
by k-onkan
カテゴリ
全体
木下式音感教育法
しつけ
子育て
教育
お稽古事
親業
音楽
乳児
のぞみクラス
幼児
児童
名誉団員・卒業生
思春期・反抗期
自立について
運動
発達障害
保育園
楽院だより
我が家のこと
自分のこと
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
蛹の頃~さなぎのころ~
最新のコメント
出演園児のお母様へ ..
by k-onkan at 06:33
一番こわいのは、マナ先生..
by 出演園児の母 at 10:48
昔、近所の顔なじみの飲食..
by k-onkan at 10:32
>「じぃじ」 凄いです..
by ha-i at 01:48
ばら組の保護者さま ..
by k-onkan at 17:06
作者について
木下式音感教育法認定講師
  木下麻奈
     
 木下式の基本は、幼児期に「躾・規律」を教え、高度な音楽基礎教育を施すことです。詳しくは、ホームページをご覧ください。http://www.kinoshita-onkan.com

イラスト:「ケイ&シュート」
 By ケンイチ・シライ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2017年 04月 02日 ( 1 )

暗闇のナイスガイはだれだ!

私が以前から、「春休みにしたい」と思っていたことが新6年生のYくんと「ダイアログインザダーク」に参加することでした。異なる気質を持つYくんが暗闇を体験することで新たな経験になるのではと思い、私とYくんママ、4年の弟Kくんの4人で参加したのです。

e0143522_18361770.jpgこれまで、甥たちや友人、生徒を連れて参加してきた私には、これが4回目の「ダイアログインザダーク」でしたが、その時々「だれと」体験したかで暗闇の感じ方や印象、楽しさ、安心感が異なるものです。

仕事関係でお世話になっている年上男性と参加した時は、主導権を一切、取らずに静かに参加でき、不思議な気がしました。反対に、子どもを連れていると、常に、いろいろなことが気になってしまいます。特に、今回は4年生のKくんの行動と言動が気になり、かなり「口うるさいおばさん」になっていたと反省しています。

今回、実はとても申し訳ないことがありました。私は高学年の「口をきかなくなる時期」の子どもを持つ保護者には「ぜひ、親子で体験していただきたい」といろいろな場所でダイアログをお勧めしています。中でも長く楽院に通っているのに、無口で心を許しているかどうか、分かりづらい6年生のMくんには「ぜひ、春休みに体験してほしい」と思っていました。

この催しのどこかで、互いにすれ違うことができたら、同級生で共通の話題が持てるのではないかと日にちと時間帯だけ、合わせて申込んだところ、同じグループになってしまいました。その上、偶然、他2名の方がキャンセルされ、結果的に全員知り合いというグループで回ることになったのです。しかし、本来、グループ全員が知人の場合は、他の方法で申込みをしなければならず、本当に申し訳ないことをしてしまいました。

今回、全員知人というグループでまわって、はじめて「なぜ、ダイアログが知人は4人まででなければいけないか」を実感として理解しました。全員が知り合いだと気心が知れて安心ですが、その分、暗闇に対して大事な緊張感を薄れさせてしまうように感じたのです。

特に、子どもは知っている人ばかりだと、調子にのって大騒ぎをしたり、注意深さを失うこともあるようです。今回、よその方が参加されていたら、たいへんなご迷惑をおかけするところでした。次回は、楽院として申込み、いろいろな生徒を連れて参加できたらと思っています。

申し訳ない思いを持ちながらも、実は、これまでの4回で今回が一番、楽しく感じました。それは、全員が信頼している人で互いにニックネームで呼び合ったことで、自分が童心に返れたからでした。以前、アレルギーを持つ甥たちと来た時は、その心配から、暗闇で物を食べることも楽しむ余裕がありませんでした。また、大人の友人と参加した時には、「暗闇で自分の本質がばれたらたいへん!」という気負いのようなものがありました。

デリカシーがない発言をしたり、アテンドさんの話をきかず、うるさくして迷惑をかけても、気心のしれた生徒たちと、慈悲深いお母さんたちと、「今日、この時だけ」でニックネーム「まぁちゃん」と呼ばれ暗闇を進む経験は、自分が子どもに戻ったような気がしたのです。

今回、一番、嬉しかったのは、普段、無口でつっけんどんのMくんが暗闇では、素直で優しい「ナイスガイ」だったことでした。私が困って「誰がいますか?」というと「Mくんです」と手を触れるなど、助け舟を出してくれて、とても頼りになりました。でも、それは、暗闇の中だけで、外にでれば、いつもの無口なMくんがニヤッと笑うだけでした。

体験が終わり、地下鉄の駅に向かって歩くYくんとMくんの背中を眺めながら、私にはとても感慨深いものがありました。幼い頃のYくんはいろいろなものに拒絶反応があり、正直、同級生として付き合うのが簡単な相手ではなかったと思います。しかし、こうして二人が同級生として、共に成長したことで、互いに音楽を学ぶ「ライバル」として歌や聴音、ピアノを競いあえるようになったのです。

もし、どこかの時点でMくん親子が「一緒のクラスはイヤだ」と抵抗を示したら、Yくんに刺激されて、Mくんがこれほどまでに頑張ることはなかったかもしれないと思うからです。そして、すべては、偶然のめぐりあわせなのだと、感謝を感じたのでした。
by k-onkan | 2017-04-02 23:32 | 児童 | Comments(0)