麻奈先生のブログ~木下式の子育て論~
by k-onkan
カテゴリ
全体
木下式音感教育法
しつけ
子育て
教育
お稽古事
親業
音楽
乳児
のぞみクラス
幼児
児童
名誉団員・卒業生
思春期・反抗期
自立について
運動
発達障害
保育園
楽院だより
我が家のこと
自分のこと
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
蛹の頃~さなぎのころ~
最新のコメント
ありがとうございます。女..
by k-onkan at 19:28
久しぶりにこのブログを訪..
by 藤本トモエ at 09:31
出演園児のお母様へ ..
by k-onkan at 06:33
一番こわいのは、マナ先生..
by 出演園児の母 at 10:48
昔、近所の顔なじみの飲食..
by k-onkan at 10:32
作者について
木下式音感教育法認定講師
  木下麻奈
     
 木下式の基本は、幼児期に「躾・規律」を教え、高度な音楽基礎教育を施すことです。詳しくは、ホームページをご覧ください。http://www.kinoshita-onkan.com

イラスト:「ケイ&シュート」
 By ケンイチ・シライ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2017年 04月 11日 ( 1 )

三重県総合文化センターにてー3-

講演の最後に質疑応答の時間がありましたが、どなたも手をあげられなかったので、事前にいただいた質問にお答えしました。それは、「LGBT が増えた理由はなんですか?どのように関わるべきだと思われますか?」というものでした。文章の感じから身近にLGBTの子どもを持つ親御さんやご親族というより、生徒を教える先生なのだろうと想像しました。

e0143522_9463054.jpgLGBTとは性的少数派を総称する言葉だと思いますが、教育現場で配慮が求められるのは、性同一性障害の人に対する配慮です。たとえば、外見は女性なのに、心は男性であれば制服のスカートをはくこと、女性用のお手洗いを使うことも、想像以上に嫌なものでしょう。そのためか、私が子ども時代に比べて、明らかに、先生の子どもへの対応が変わったと感じます。それは、男女ともに苗字で「○○さん」と呼ぶことです。

LGBTも発達障害も、昔から、まったく存在しなかったわけではありません。しかし、今ほど、人数が多くなかったと感じるので何かの理由で増えているのでしょう。でも、その原因は私では答えられません。

ですが、「もし生徒にLGBTのお子さんがいたら」と想像するなら、私は、若い頃に、長く外国に暮らしたかかもしれませんが、基本的にLGBTでも、発達障害でも、異国人でも、持ってうまれたものは、そのまま受け入れる主義で、それを肯定も否定もするという気持ちがありません。

ですが、一般には性的少数派が生理的に苦手な方もいるでしょう。そう感じるのは、心の自由だと思いますが、それによって、差別したり、攻撃していい理由にはなりません。相手がだれでも、できることは、自分の役割を誠実に果たすことだと思っています。

私の仕事は、「木下式によって能力を高めること」なので、それを誠実に行うだけです。万一、自分の子どもであったなら、悩みを持つ子どもを不憫に思うと思いますが、親として愛情を注ぐこと、そして、どうやったら、少しでも、その子が生きやすいかを考える以外は、あるがままを受け入れるしか、できることはないように思うのです。

もし、万が一、苦手意識があって誠実に専門課程のことだけを教えられないなら、生徒として受け入れない方がいいかもしれないと、思います。その「苦手意識」が専門的な指導にまで、影響するように感じるからです。もちろん、苦手でも、プロとして、専門的な指導ができる人もいて、いいのだと思います。ただ、大事なのは、どちらかに極端に無理がある関係性では、いい結果はでないのかもしれません。
by k-onkan | 2017-04-11 23:33 | 木下式音感教育法 | Comments(0)