麻奈先生のブログ~木下式の子育て論~
by k-onkan
カテゴリ
全体
木下式音感教育法
しつけ
子育て
教育
お稽古事
親業
音楽
乳児
のぞみクラス
幼児
児童
名誉団員・卒業生
思春期・反抗期
自立について
運動
発達障害
保育園
楽院だより
我が家のこと
自分のこと
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
蛹の頃~さなぎのころ~
最新のコメント
出演園児のお母様へ ..
by k-onkan at 06:33
一番こわいのは、マナ先生..
by 出演園児の母 at 10:48
昔、近所の顔なじみの飲食..
by k-onkan at 10:32
>「じぃじ」 凄いです..
by ha-i at 01:48
ばら組の保護者さま ..
by k-onkan at 17:06
作者について
木下式音感教育法認定講師
  木下麻奈
     
 木下式の基本は、幼児期に「躾・規律」を教え、高度な音楽基礎教育を施すことです。詳しくは、ホームページをご覧ください。http://www.kinoshita-onkan.com

イラスト:「ケイ&シュート」
 By ケンイチ・シライ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2017年 05月 05日 ( 1 )

こどもの日は童心にかえって

こどもの日は千葉の両親のところに遊びに行っていた2年生の甥Kを迎えに、妹一家と出かけました。途中、「いちご狩り」をしたり、「月の沙漠の像」がある御宿の砂浜で遊んだりと、「子どものため」の一日を童心にかえって過ごしました。

e0143522_10401287.jpg数日前に中学2年になって初の陸上部の記録会で良い成績をおさめた兄甥Yは、木下先生にその「走り」を見せることになりました。家から50メートル手間にY、その15メートル先に自転車の私、その3メートル先に妹とKが並び、一斉に走り出しました。

自転車だからといって油断していると短距離が得意なKを追い抜けないので、真剣に自転車をこぎました。Kと妹を抜いて安心していると、その横をダダダダダという音とともに、Yが追い抜いていきました。長距離選手のYは加速するまでに時間が必要だそうですが、波に乗った時の速さは電動自転車よりも速くなります。

思わず、「こんな速さで自転車の横を駆け抜けていったら、ひったくり犯だと思われるかもしれないから、練習の時は気を付けて走りなさいね」というほど、追い越される時には、一瞬の恐怖を感じました。

去年の尾瀬合宿のマラソン大会の道のりを10分強で走った時よりも、更に速くなっている甥の姿に、これまでは「陸上を何キロも走って、何が楽しいのだ?」といぶかっていた木下先生が「これだけ走れるなら、達成感があって楽しいだろう」と納得させられていたのでした。

「一生懸命、物事を全力でやりきる楽しさ」は、その経験がないと、分からないものかもしれません。けれど、自分の限界を目指して、一生懸命、何かに取り組む気持ちには、共通点があるように思います。

最近はなにごとも、踏み込まず、熱くなり過ぎず、力を入れ過ぎず、ということばかりが目につきます。そんな中にあって「一生懸命、力を出し切れること」もまた、大事な資質だと思うのです。そして、それは、やはり、幼児期から児童期の習慣で、受け入れられるかどうかが、決まるような気がするのです。
by k-onkan | 2017-05-05 23:35 | 我が家のこと | Comments(0)