麻奈先生のブログ~木下式の子育て論~
by k-onkan
カテゴリ
全体
木下式音感教育法
しつけ
子育て
教育
お稽古事
親業
音楽
乳児
のぞみクラス
幼児
児童
名誉団員・卒業生
思春期・反抗期
自立について
運動
発達障害
保育園
楽院だより
我が家のこと
自分のこと
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
蛹の頃~さなぎのころ~
最新のコメント
出演園児のお母様へ ..
by k-onkan at 06:33
一番こわいのは、マナ先生..
by 出演園児の母 at 10:48
昔、近所の顔なじみの飲食..
by k-onkan at 10:32
>「じぃじ」 凄いです..
by ha-i at 01:48
ばら組の保護者さま ..
by k-onkan at 17:06
作者について
木下式音感教育法認定講師
  木下麻奈
     
 木下式の基本は、幼児期に「躾・規律」を教え、高度な音楽基礎教育を施すことです。詳しくは、ホームページをご覧ください。http://www.kinoshita-onkan.com

イラスト:「ケイ&シュート」
 By ケンイチ・シライ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2017年 08月 29日 ( 1 )

木下式の成果は音楽以外で分かる

8月最後の保育園指導がありました。子どもたちはそれぞれ、厳しい暑さの中でも頑張っています。3歳児は全員が自分から声を出そうとして、大きな声で歌えるようになってきました。幼い子どもの音程を正すためには、口先だけのフワフワした歌い方ではダメなのです。

e0143522_193477.jpg4歳児は、それぞれが注目を浴びたい気持ちが強いお子さんと、他人の後ろに隠れてしまう二種類のタイプが多く、クラス全体としては、集団行動が苦手でしたが、それぞれが、「自分から声を出そう」「友達の声も聴こう」とする姿勢が生まれて、成長を感じます。

5歳児は、昼食の後の眠くなりやすい時間でも、集中してレッスンを受けられるようになったと感じたのは、数か月前ですが、最近は、行儀がよくなってきたように感じます。音楽を学ぶにしても、他の科目を学ぶにしても、行儀がいいということは、大事なことです。

さて、秋が近づくと、幼稚園や保育園では運動会の練習が始まると思います。そして、その際に、音感で身に付けた課題が役に立つはずです。現在、子どもたちが体操を学ぶ先生に、担任の先生を通して、「よその園と違うところがあるか」を聞いていただきました。すると、よその園の子どもたちより「動きが速い」「気を付けの姿勢でしっかり立っていられる」「並んで走ることができる」などの感想を頂きました。

担任の先生は、これまで木下式を受けたことで体幹や意欲を持って取り組む習慣が育っていると、喜んでくださっています。実は、木下式が音感教育を通して教えていることは、「音楽の課題」というより、小学校にあがったり、社会に出てから、自分に必要なことを自発的に学ぶための「基礎となる事柄」です。長い時間でも、姿勢を維持できること、目を見て話を聴くこと、大事なことを聞く時は静かにする、などです。こうしたことができないと、どんなに「記憶力」や「理解力」があっても、結果的に点数がよくなかったり、持っている能力をきちんと発揮でいないことがあるのです。
by k-onkan | 2017-08-29 19:03 | 保育園 | Comments(0)