麻奈先生のブログ~木下式の子育て論~
by k-onkan
カテゴリ
全体
木下式音感教育法
しつけ
子育て
教育
お稽古事
親業
音楽
乳児
のぞみクラス
幼児
児童
名誉団員・卒業生
思春期・反抗期
自立について
運動
発達障害
保育園
楽院だより
我が家のこと
自分のこと
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
蛹の頃~さなぎのころ~
最新のコメント
出演園児のお母様へ ..
by k-onkan at 06:33
一番こわいのは、マナ先生..
by 出演園児の母 at 10:48
昔、近所の顔なじみの飲食..
by k-onkan at 10:32
>「じぃじ」 凄いです..
by ha-i at 01:48
ばら組の保護者さま ..
by k-onkan at 17:06
作者について
木下式音感教育法認定講師
  木下麻奈
     
 木下式の基本は、幼児期に「躾・規律」を教え、高度な音楽基礎教育を施すことです。詳しくは、ホームページをご覧ください。http://www.kinoshita-onkan.com

イラスト:「ケイ&シュート」
 By ケンイチ・シライ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2017年 09月 02日 ( 1 )

大人の忍耐が試されているー2-

ネットの新聞記事を見た直前、1歳8ヶ月の孫弟子のTくんのレッスンで、お母さんから、「食事の時に、何本もスプーンを使って困っている。『スプーンは1本だけよ』と言って分かるようになるのはいつごろですか?」と質問を受けたばかりでした。

e0143522_1211432.jpg私は、子ども自身が「スプーンは一本だけ」と自分で、ペラペラ言えるほど、言葉が達者にならないと、お母さんの「言葉の意味」を正しくは理解できないと思うと、お伝えました。「話す力」も「聴いて理解する力」も、どちらかだけが、一歩、先に身につくことはなく、双方が同時に発達していると感じるからです。そして、1歳8ヶ月の男児に食事のときに、スプーンを1本しか使わせたくないなら、「1本しか見せてはいけない時期」だと感じます。

これから、成長する上で、子どもに自分で「選ばせること」が大切になる時期もやってきます。でも、1歳8ヶ月は自分で選ぶ前に、「お母さんが選んで渡してあげること」も大事な時期です。子どもは、まわりの大人が、幼児期に選んでくれたことを土台に、将来、「どれを選ぶか」という価値観を備えてくと思うからです。

1歳8ヶ月の子育ては、いい日と悪い日が、交互にやってきて、心休まる暇がない、大人に忍耐が求められる時期です。なにより、子どもに厳しくばかりしても、意味のない時期とうことを、忘れずに子育てをしていただきたいと思います。とはいっても、私は、そういう時期でも、悪いことをしたら「ダメ!」と短く低く怖い声を聞かせ、子どもに「ギャー」と泣かれますが、親以外の人に「ダメ」と言われる経験も大事だと思っています。
by k-onkan | 2017-09-02 23:09 | 子育て | Comments(0)