麻奈先生のブログ~木下式の子育て論~
by k-onkan
カテゴリ
全体
木下式音感教育法
しつけ
子育て
教育
お稽古事
親業
音楽
乳児
のぞみクラス
幼児
児童
名誉団員・卒業生
思春期・反抗期
自立について
運動
発達障害
保育園
楽院だより
我が家のこと
自分のこと
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
蛹の頃~さなぎのころ~
最新のコメント
出演園児のお母様へ ..
by k-onkan at 06:33
一番こわいのは、マナ先生..
by 出演園児の母 at 10:48
昔、近所の顔なじみの飲食..
by k-onkan at 10:32
>「じぃじ」 凄いです..
by ha-i at 01:48
ばら組の保護者さま ..
by k-onkan at 17:06
作者について
木下式音感教育法認定講師
  木下麻奈
     
 木下式の基本は、幼児期に「躾・規律」を教え、高度な音楽基礎教育を施すことです。詳しくは、ホームページをご覧ください。http://www.kinoshita-onkan.com

イラスト:「ケイ&シュート」
 By ケンイチ・シライ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2017年 09月 09日 ( 1 )

大人の言葉は重い

小学生のレッスンが終わると、2年生の男の子が私のところにやってきて、「あのね、うちのマンションの真上を北朝鮮のミサイルが飛んでいったんだよ」と言うのです。北朝鮮のミサイルが発射され、東日本にJアラートが鳴り響いたという話は10日ほど前にあったと思いますが、首都圏の真上を通過した話など聞いたことがありません。

e0143522_20473681.jpg男児の話は女性の私が聞くより、男同士がいいと思い、「木下先生に聞いてごらん」と回しました。すると、「誰がそんなことを教えたんだ? 先生はちゃんと新聞を読んでいるけれど、そんな話は聞いたことがないぞ」と憤慨する声が聞こえてきました。仕方がないので男児に「その話は誰に聞いたの?」と聞くと、「ママが言っていた」と自信のある答えが返ってきました。

ちょうど、お迎えにいらっしゃったママに、「お子さんがマンションの上を北朝鮮のミサイルが通過したと言っていますが…」と伺うと、「ごめんなさい。いつまでも起きないので、私がそう言いました」。

起床時間に、サッと起きない子どもに、お母さんは思わず「早く起きなさい。北朝鮮のミサイルが頭の上を通るよ」と伝えられたのを子どもが「自分の家のマンションの上」と思ったのか、お母さんが大げさに話したのかは、分かりませんが、低学年の男の子は、お母さんの言葉を絶対的に信じるものです。


相手が子供だと思うと、大人はつい「これくらいならいいだろう」とごまかしたり、軽い気持ちで嘘を言ったりすることがありますが、それを信じて外で自信を持って、発言することで、本人がまわりから信用をなくすこともあります。子どもに、「嘘やほらを吹いてほしくないと願うなら、大人が気を付けなければと思うできごとだったのでした。
by k-onkan | 2017-09-09 20:46 | 児童 | Comments(0)