麻奈先生のブログ~木下式の子育て論~
by k-onkan
カテゴリ
全体
木下式音感教育法
しつけ
子育て
教育
お稽古事
親業
音楽
乳児
のぞみクラス
幼児
児童
名誉団員・卒業生
思春期・反抗期
自立について
運動
発達障害
保育園
楽院だより
我が家のこと
自分のこと
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
蛹の頃~さなぎのころ~
最新のコメント
出演園児のお母様へ ..
by k-onkan at 06:33
一番こわいのは、マナ先生..
by 出演園児の母 at 10:48
昔、近所の顔なじみの飲食..
by k-onkan at 10:32
>「じぃじ」 凄いです..
by ha-i at 01:48
ばら組の保護者さま ..
by k-onkan at 17:06
作者について
木下式音感教育法認定講師
  木下麻奈
     
 木下式の基本は、幼児期に「躾・規律」を教え、高度な音楽基礎教育を施すことです。詳しくは、ホームページをご覧ください。http://www.kinoshita-onkan.com

イラスト:「ケイ&シュート」
 By ケンイチ・シライ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:思春期・反抗期( 35 )

面倒だけど頼りになる女の子

先日、小中学生の娘を持つお母さんたちと、お話をする機会があり、「女の子は面倒くさい」という話になりました。言葉通りで、単純明快な息子たちに比べ、娘は「言うこととやること」が異なったり、周囲を観察して損得を考えたり、大人の気持ちを忖度して行動したりと、同年代の男児に比べるとかなり複雑です。

e0143522_23384591.jpgでも、難しい時期の娘と、きちんと向きあい、母娘で乗り越えることが、その後の生き方に関わりがあるように思います。私は、自分でお腹を痛めたわが子はいないのですが、娘のような大勢の女生徒たちから、「女の子の賢さと面倒くささ」そして、「女の子と真っ向勝負する気概」を経験する機会を与えられました。楽院は、2歳から中学、高校、大学、大人になるまで直接的、間接的に関わるため、家族に近い感覚があるからかもしれません。

その女の子たちが、私に教えてくれたことは、女の子は程度の差はあっても母を乗り越えて巣立つもの、ということでした。母娘の難しい時期に対峙することを避けて、娘だけを社会に送り出すと、同性の人とうまくいかなかったり、自分に自信が持てなかったりすることがあります。場合によっては、母を極端に嫌って、一生、お互いを避けてしまう母娘の関係もありえるかもしれません。

お母さんにとって面倒くさい相手ですが、娘の「構ってほしい」という気持ちの裏返しということもあるため、面倒でも逃げない方がいいと感じます。また、母娘は冷静になれないからといって、子どもをよく知る他人に娘の相手を託すことも、あまりお勧めできません。娘の「お母さんと向き合いたい」という気持ちを無視したことになり、かえって、娘の気持ちを逆上させるからです。

心理学的には、女性は共感されるのが好きなものですが、この難しい時期だけは、へんに下手に出たり、共感すると、火に油を注いでしまうこともあります。生意気でも、面倒くさくても、真っ向から勝負を受けて立つこと、そうして、関わった母娘が、後で気付くと、お互いの一番の理解者になっているかもしれません。

私の母は、私と比べると、身体も小さく、たくましいタイプではありませんでしたが、私が思春期で難しい頃には、わたしの減らず口にも負けずに正面から対峙してくれました。当事は親が一番、傷つく言葉を選び、母に向かったこともありますが、それでも、最後まで受けてくれました。これが、私が難しい年頃の女の子に勝負を挑まれたら、受けて立つ理由です。それが、遠い昔、未熟だったころに、大勢の人生の先輩方に、生意気なことを言って、挑戦をしかけたことへのお詫びであり恩返しだと思っているからです。
by k-onkan | 2017-08-14 23:37 | 思春期・反抗期 | Comments(0)

家族の仲がいいのは

中学2年の甥Yが学校で「家族の仲がいいと思う人」との先生の質問に手をあげると、クラスの誰一人、手をあげていなかったといいます。家に帰って「家族仲がいいのは、うちだけみたいだよ」と報告したようです。他にも「親御さんに『大好きだよ』と言ってもらっている人」という問いがあったとのことですが、誰も手をあげなかったため、「ボクもあげないでおいた」と手柄顔で伝えたそうです。

e0143522_19145572.jpg中学2年生にもなれば、家族仲がよくても、それを友達や先生に知られるのは恥ずかしいと思う年頃です。本当のところ、クラスの生徒のご家庭が、みな仲が悪いわけではないと思います。けれど、兄甥が中学生になっても両親と仲が良いのは特別な理由があります。

今から数年前のことです。楽院の生徒のお母さんが治療例の少ない病気にかかり、年若くして亡くなったのです。お母さんは瑠音先生の小学校からの同級生であり、子どもたち同士は、楽院に通う以前から仲良くしていたのです。

当事、5年生だった兄甥は年中の弟甥と一緒に初詣で神仏に手を合わせるたびに、「幼馴染のお母さんが早く元気になって退院できますように…」とお祈りしていました。しかし、子どもたちの願いもむなしく、5年生の姉と1年生の弟を残して逝かれたのです。お葬式で手を合わせ声をかみ殺して泣いていた瑠音先生と兄甥の姿を私は今でも忘れることができません。

甥兄弟は、その時はじめて、「どんなに親が強いと思っていても、突然の病気や事故で目の前から居なくなることがある」という事実を知りました。あれから、3年が経ち、甥兄弟は、子どもらしいわがままや無理を言って両親に叱られたりしますが、根本的には親を大切に思い家族を大事に感じているように見えます。そして、それは、悲しい体験があったからこそ、理解できたことのように思えてならないのです。
by k-onkan | 2017-07-03 19:12 | 思春期・反抗期 | Comments(0)

反抗期がないと危ないってホント!?

一般では、「反抗期がない子は危ない」と言われるようですが、兄甥Yもはたから見ると「反抗期がない」ように見えるかもしれません。でも、「とても扱いにくい時期」はもうあったと記憶しています。それは小学2年生の頃でした。Yは幼い頃から身体も大きく、常に、2学年上の友達と一緒に音感を勉強していたので、難しい時期も、その子たちと同じ頃に来ました。けれど、当時、幼馴染のお母さんが不治の病で入退院を繰り返すのを見聞きしていたため、「親しい人との別れ」を感じたのか、反抗期らしき様子は徐々に薄れていきました。

e0143522_12281037.jpg「反抗期がない子は危ない」と言われるのは、子どもに反抗する気力がないほど、親が抑圧してしまうことで、精神的に追い詰められてしまうことを心配されての言葉かもしれません。しかし、実際は、派手な反抗期もあれば、子どもの心の中だけで静かに収められるものもあります。また、親が「反抗された」と気づかないまま、終わる反抗期もあるように思います。

また、多少、過保護、過干渉、過管理の親がいても、子供が自分で考えて行動でき、その結果に自分で責任を持たされているなら、親からの支配や圧迫、抑制もそこまで感じないのではないかと思います。大きな反抗をする子どもは、子どもが所属するグループや友達を、親が管理したり、全てを過保護にして子ども一人では何もできないように育つ過程で、気概のある子どは親に反抗して、そこから抜け出そうとするのではないかと感じます。中には、親の抑圧を跳ね返せず、そのまま毒親の影響を受け病んでしまう人もあり、そういう人にとっては「反抗期がないのは危険」だと感じます。

もしかすると、反抗期は終わったと思っている甥Yにも、支配的な私たちの考えを否定したり、抵抗をしたりする時期が激しく到来するのかもしれません。しかし、それで子どもが一方的に「悪くなった」と思うことはありません。私たち親世代と違う新しい時代を生きるためには、私たちと違う考えを持つことが、必要であり、そのための課題なのだろうと思っています。

もちろん、反抗される親世代にも言い分はあって当たり前です。それぞれの時代にできることを試行錯誤して一生懸命、子育てをしてきても、ボタンの掛け違いなど、日常茶飯事です。それを子どもから全否定されるのは、つらいものがあります。それでも、それぞれの違いを知って双方の妥協点を見つけるために「反抗期があった方がいい親子」もいると、そんな風に感じます。

何にしても、「反抗期がないのは危険!」というたった一つのフレーズを鵜のみにして思い悩むより、物事には常に裏表があって、一般で言われることの深い意味まで考える習慣を、子どもたちにはつけた方がいいと感じるのです。そうした多くの情報から自分の望む答えを選んでいけることが一番、大事だと思います。そして、世の中に、たとえ自分と考えが違う人がいたとしても、それによって自分が全否定される理由などないのですから――。
by k-onkan | 2017-03-31 23:26 | 思春期・反抗期 | Comments(0)

女の子たちとガールズトーク

アスペルガー症候群の人は、高い知能を持っているため、誰にも障害があることに気付かれないまま、社会生活をしている事も多くあるといいます。そのため、結婚した相手がアスペルガー症候群で、パートナーと心を通わすことに苦労するということも多い、そんな記事をネットで読みました。

e0143522_14404784.jpgその中には、「発達障害を持つ人が、大人になってから結婚生活やパートナーと健全な関係を保つためには、子どもの内のお母さんの関わり方が大事」と書かれていました。個人的な感想ですが、発達障害の有無に関係なく、親子の関わり方は、そのまま、その人が大人になってから出会うパートナーとの付き合い方に反映すると感じます。親子関係が健全な人は、大人になってパートナーともいい関係を保てますが、支配的な親子関係や過保護で育った人は、パートナーにも同じように関わっているように見えるのです。

その他にも「女の子の発達障害を見つけるきっかけは、ガールズトークができないこと」という言葉が、医師の発言として紹介されていました。私が、楽院の合宿で女同士の付き合いがうまくできない子を心配する理由を見つけたような気がしたのです。

女性特有の共感性や雑談力、コミュニケーション能力は、お母さんになって子育てや教育をする際には、なくてはならない能力です。もちろん仕事をバリバリする女性であっても他人の立場で物を考え、女性ながらの感性によって、仕事を成功させる女性も多いはずです。とにかく、女の子には、有能であっても同性同士に不快感を与えない魅力的な女性に育ってほしいと願っているのです。

けれど、そう言う自分も、小中学校と女性同士の付き合いが得意でない子どもでした。女4人姉妹の中で育った母は、「女の賢さやしたたかさ」が好きではなかったのでしょう。そのため、母から「女であるだけで、素晴らしいことで、得をする」という教えはありませんでした。むしろ、母も女同士の付き合いが苦手でした。けれど、学校という狭い世界に通う子どもとしては、同級生の女の子同士でうまくやるためには、「お母さんの手本」というか、大人の女性の知恵があった方が、楽だったようにも思うのです。

私が卒業生の女の子たちのガールズトークに付き合うのはそうした理由からかもしれません。女同士の付き合いが苦手な子の気持ちも分かりますが、女の特性を生かし切れないマイナスもよく分かっています。ですから、たとえ、女同士が苦手でも、少しくらいは、つきあう練習は、子ども時代にしておいた方がいいと思ったりするのです。

私は女子生徒が、「女同士は嫌い。面倒くさいから」という気持ちもよく分かりますが、「女子力を使って欲しいものを手にいれたい」という女の子の野望を全否定する気もないのです。それは、きっと、「パパ大好き」と父に甘えた時の気持ちも覚えているからかもしれません。但し、「美貌は一生ものじゃない。一生なくならないのは、知性や教養だから、努力はしなさい」とキツイことを言って煙たがられたりもします。でも、そうやって育てた女の子たちは、やがてお母さんになったり、働く女性になったりして、私にガールズトークのネタを提供してくれるのです。
by k-onkan | 2016-10-15 19:43 | 思春期・反抗期 | Comments(0)

人は育てられたように育つ

「ヤクザになる理由」(著:廣末登 新潮新書)という本を読んでいます。「人はなぜグレるのか。いつぐれるのか。そして、グレ続けたうえにヤクザになるのは、どういう人なのか(まえがきより)」。こうした問いに対して犯罪社会学者である筆者が調査したことをまとめています。

e0143522_20371823.jpg筆者は、人の人生の始点は、家庭にあるという考えを持っています。暴力団加入者の研究をしながら、「人生を左右する最大の要因は、家庭という社会の質である」と主張しています。社会学における「家庭」の定義は、家族によって構成される社会だと筆者書いています。家族は人間が最初に帰属する社会的集団で、ここで、社会の基礎的な文化を身につけ、それを土台として、更に広い社会―仲間集団・学校・地域社会・職場に参加していくとされています。筆者が、自ら暴力団加入経験者を調べたところ、やくざになった人は、単身家庭が多く、学校の勉強を親から教わったことがない、といいます。中には無理に塾に行かされた経験がある人もいますが、親から教わったことはないといいます。

また、それぞれ、「親から躾をされましたか?」という問いに「しつけを受けた」と答えていますが、「何がどう悪かったのか」など、家庭のルールなどは、具体的には説明できないまま、「ベルトでぶたれた」「殴られた」など、頭ごなしに叱られることを躾だと認識していました。

また、家庭には門限もなく、家に食事がなかったり、お金だけ渡されている家庭もありました。つまり、家庭という社会が機能しておらず、その中で「放任」されていた子どもと言そうです。何より、「勉強や先生は嫌いだったけれど、学校は好きだった」という共通点がありました。学校という社会の中で、仲間から一目置かれたいという欲求が強くあったようです。喧嘩やかつあげなどをして、まわりの人間から恐れられるような存在になっていきます。

筆者は、グレた子どもがグレ続けた上で、暴力団員になるプロセスを書きながら、「ヤクザになる人」は自己責任ではなく、そうなりやすい環境や地域に生まれ育っていることを主張しています。日常的に「やくざ」がいる地域に育ち、それを「格好いい」と憧れたり、単身家庭で大人の目が行き届かない中で、躾も教育もされずに、強い地位的欲求があったら、ヤクザになるのは、自然なことなのかもしれません。

筆者は、暴力団加入経験者に話を聞くと同時に、筆者自身も含めある時期、グレていてもヤクザにならなかった人のエピソードも紹介していますが、そこには、経済的に困窮している家庭もあれば、裕福な家庭もありましたが、教育と躾が行われていること、そして、子供が問題を起こした時に、「どうにか立ち直らせたい」という両親が存在して、親子の絆があるように私には感じられたのです。

いろいろなマイナスが重なり、子供がぐれたり、荒れたりするのは、いつの時代にも、どこにでもあり得ることだと思っています。しかし、万が一、子供がグレても、「諦めたり、見捨てない親」の存在があれば、子どもは、たとて、いっときはグレても、いつか「親を泣かせない道」に戻ってくるように思います。

そして、子供を無駄にグレさせないためには、小学校入学のスタート地点で、「先生が何を言っているか、分からない」ということはないようにしたい。これが、幼稚園や保育園で音感教育を行う一つの意義かもしれないと、この本を読んで、改めて思ったのでした。
by k-onkan | 2016-09-11 23:36 | 思春期・反抗期 | Comments(0)

家族の絆がないから問題が起きる!

数日前に、ネットである映像が回ってきました。それは、小学6年の時からバイクの無免許運転で鑑別所に入れられ、その後も、2回少年院に入ったという沖縄の19歳の少年を更生させるという内容でした。更生させるのは、かつて自身も幼少時代に父親から虐待を受けたことから、非行に走り、高校時代は、暴走族の総長になった経歴を持つ加藤秀視氏です。自身が経験したころだからこそ、子供たちの気持ちが分かると言われます。

e0143522_23542828.jpg「少年に行く理由は、子供の犯罪だけでなく、生活環境にもある」と加藤氏は言います。この子は、3LDKのアパートに母親ときょうだい6人で生活保護を受けて暮らしていますが「こんばんは」と言われても返信することもありません。「親として教えてきたことが何もない」と母親が叱られても少年は無表情です。

その翌日、家を尋ねると母親も、高校1年の妹、小学3年の弟もまだ寝ています。母親は病気を理由に過ぎまで寝ていて、子どもが学校へ行かなくとも感心がありません。加藤氏は、「お母さんが、毎日、朝起きて、子供を見送り、弟妹を学校へ行かせること」を条件に少年を預かりました。

加藤氏は少年を1200キロ離れた宮城県の南三陸町に連れていきました。加藤氏の会社は、そこでがれき撤去の仕事を請け負っているのです。働きはじめる前に、「沖縄に残した家族」について「どう思っているか」を尋ねました。「自分の弟が、自分のようになってもいいのか?」と言われても「個人で好きにやればいい」と答えます。少年は自分より弱いものには手を出し強いものには向かっていかない気弱なところがあります。この家族の問題を解決するためには、少年を更生させなければ道はなかったのでしょう。

仕事が始まると、毎日の規則正しい生活とたいへんな作業が待っています。しかし、本当のねらいは、「被災地では、多くの人たちが家族を失い、本当の家族のありがたみや大切さ。そういうものを、他人がきづかせようとしなくても、環境が気づかせてくれる」ということでした。毎朝、規則正しく仕事をする少年は、「沖縄で仲間と遊んでいたのも楽しかったけれど、三陸での生活は「充実していて居心地がいい」といいます。

2か月が経過して苦労して手にした給与を「どうするのか」と聞かれると迷わず「母親に渡す」という少年に、加藤氏は直接、渡すようにと二人で沖縄へ戻ります。驚かせて喜ばせようと連絡を入れなかったところ、家では母親と弟妹が寝ていました。規則正しい生活が身に着いた少年は「何やっているんだ。学校はどうしたんだよ」ととても恥ずかしそうです。

加藤氏から「この状況を見て、自分でどうするか、ここはお前に任せる」。そう言われた少年は「本当に少しだけだけど」と給与を手渡します。母親は「自分で使って。気持ちだけでいい」と断りますが、「いや、受け取って。今まで散々、迷惑かけて裏切って今までごめんなさい。」。母親は、わが子だけが悪いのではなく、自分も悪い。子どもがこんなに頑張っているのに恥ずかしい、と涙声を出します。「家族にとって大事なのは、お母さんだから、無理をせずに頑張って」と声をかけます。

少年は、高校1年の妹にも「お前が学校へ行かなかったら弟はどう思う?」というと「お母さんにやる気がない」という妹に、「一人で頑張らせるんじゃなくても、おまえも支えてやらなくちゃいかんだろ」。自分も昔は、家族でも人それぞれ、個人の人生だと思っていたけど、被災地に行ったら、すごいんだよ。テレビ見るより半端ないんだ。あっちの人はどうしているんだ。学校もない、家もない、金も服も…。きっと落ち込んでいるんだろうと思った。だけど、びっくりするぞ。人の温かさと、人との絆の大切さが分かった。それまで分からなかったけど、あっちへ行って分かるようになった。これまでいかに甘えていたか……」。そこには、妹が見たことがない家族を支えようとする強い兄の姿があり、番組はそこで終わりました。

加藤氏は自身の体験から、「問題を起こす子のほとんどが、親子の絆の関係性に問題がある」と痛感されています。「問題があるから、絆を深めようじゃなくて、絆がないから問題が出る」という言葉に、私たちは、多くのことを考えなければと思います。

小さな子を育てる多くの人は、年頃の少年の非行の話はただ「怖い」という感想を持ち、「自分の子どもに限ってそんなことはない」と目を反らせたくなるのかもしれません。けれど、どんなに裕福でも、どんなに愛情が注いでも、「どちらかが言いたいことが言えない親子関係」であったり、「子どもをいいなりに甘やかす関係」であれば、誰にでも起こり得ることだと思うのです。
by k-onkan | 2016-08-18 23:52 | 思春期・反抗期 | Comments(0)

成長が速いから気を付けなければ!

私が福岡に出張している間、楽院では「千葉の海の家」がありました。木下先生の住む千葉県房総にある家に、「今年、頑張っている生徒」が呼ばれる毎年恒例のお泊り会です。今年は、長年、上級生とその弟妹、そこに甥兄弟が加わり、総勢7名の子どもが参加しました。

e0143522_198304.jpgわが家は海でも川でも全力投球で子どもを遊ばせます。その際に大事なのは子供の安全です。子どもたちに危険がないように、細心の注意を払っています。最近は海を知らない子どもも多く、しょっぱい水や波しぶきを怖がって、中々、海の中に入れない子も増えているようです。波打ち際から少しずつ慣れさせ、波の乗り方を教え、その後は、砂浜に穴を掘って埋めて、湿った砂の重さを経験させるなど、大人が一生懸命、相手をするのは場所が変わっても同じです。

私たちがお子さんを預かって危険を感じるのは、大自然の中だけではありません。小さい頃から、一緒に育った子どもたちは、「男女」の区別なくとても仲良しです。だからこそ、大人がきちんと心配しなければ、危険があると感じることもあるのです。

今年は、女の子2人を和室、男子5人を床の間、そして、背が高く身体が大きい中一の甥はリビングの端に布団を敷き、男女別に寝る場所を確保したそうです。ところが、合宿とは違う楽しさがある「お泊り」で子供たちはいつまでも寝ようとはしません。そのうち、「女子の部屋には、スペースがあるから、Yくんもこっちで一緒に寝ようよ」と誘っている様子が見られました。体は大きくてしっかり者のように見えてもYは小心者です。女の子と一緒の部屋は心強いと思っていたかもしれません。

それを聞いたまゆみ先生は、驚いて純子先生の家に「高学年の男女があまりに仲良くて、心配だからYを連れに来てください」と連絡をしてきて、急遽、Yは、純子先生の家に隔離されることになりました。その経緯は福岡に出張していた私にまで、即効で連絡が入りました。普段、合宿で女子班の面倒を見る私に、女の子が関わる案件は、すべて報告しなければと思うのでしょう。

Yは、妹たちから、いろいろと説教されたようですが、小さい頃からの幼馴染で仲良しで、大人が心配する真意、私たち大人が心配する「男女の性」についてなど微塵も考えていないでしょう。それでも、残念ながら、現代社会で成長する子供たちの耳に入る情報は多く、20年前の子どもたちが男女で仲良く戯れていた時代より、はるかに現実的には危険なことが多いと感じます。

何より、私が不安に感じるのは、現代に生きる子供たちは、頭も心も、まだまだ、幼い赤ちゃんのようでありながら、身体だけはどんどん成熟してしまいます。小学生、中学生の内に、子供が望まない妊娠をさせないためにも、一緒に生活する大人―親御さん―は、他人ごとや無関心であっては、ならないと感じます。

最近は、幼稚園、保育園でも小さな男女がお互いの手を握ったり、頭を撫でたり、ほっぺにキスをする姿を見かけたりします。幼い子どもの行為を微笑ましく感じますが、5年も経過すれば、成長の速いお子さんは、身体が大人と変わらないこともあります。

「なんでも、子供の自主性に任せる」のではなく、子供が正しい判断をできるように育てる責任は、子供と共に過ごす大人にもあると感じます。とりあえず、「家族以外の相手とは無暗やたらと体を密着させないこと」は相手が子どもであっても、教えておいた方がいいことではないか、と子どもたちが無邪気にじゃれ合うのを目にする度に心配になるのです。単なる老婆心だといいのですが、子供の成長は本当にあっと言う間ですから。

by k-onkan | 2016-08-06 23:07 | 思春期・反抗期 | Comments(0)

子供は家庭に愛を求める

最近の親御さんは、子どもの関わり方をご存知ない方が多いと感じます。中でも、昔から言われてきた「褒めて育てる」という言葉を「叱ってはいけない」と信じて、しつけもできないという親御さんも存在します。本来、「子育て」は動物のカンのようなものを信じてする方が、好ましいと思うので、言葉で説明するのは難しいものがあります。

e0143522_16291769.jpgたとえば、「褒めて育てる」と言うと、叱ることがいけないと理解する人もいるのかもしれません。しかし、褒めるためには時に、注意したり、叱り、改善したことを褒めて、認めることで、それが子どもの喜びになっていくのだと思うのです。

お子さんが叱られることに抵抗がある人は、実は、自身が子どもの頃に叱られて嫌な思いをした経験が蘇るから、わが子に同じ経験をさせたくないのかもしれません。ですが、叱るためには気力が必要なのです。子育てに、叱ること、褒めること、しつけることはつきものですが、大人は自分の都合のためでなく、「どうしたら相手がよくなるか」を考えなければなりません。

時に、公共の場で「褒めもしない」「叱りもしない」「しつけもしない」お母さんに出会うと、もしかすると子どもに対する「愛情」が足りないのかもしれないと思います。子供が親に求める愛は、高価な持ち物とか、人がうらやむ環境などではありません。幼稚園や学校でいやなことがあった時に「疲れちゃった」というと、お母さんが当たり前のように抱き留めてくれたり、「足が痛くて寝られない」と言った時にさすってくれたり、「頭が痛い」と言った時に氷を当ててくれたり、そんなふれあいに子供は愛情を感じるのです。

最近の若い女性にある精神的な問題が急増しているといいます。それは、親の愛情に対する飢餓感から男性と次々に関係を持ってしまう若い女性の存在です。しかし、彼らが本当に求めているのは異性ではなくて、親からの愛です。

どんなに叱ってもいい。どんなに厳しくてもいい。でも、子どもが弱っている時には、優しい言葉がけで、「この人には甘えてもいい。自分には居場所がある。愛されている」と思える温かなお風呂や食事で子供を迎えることも、また、子供が求める家庭の愛情ではないかと思うのです。
by k-onkan | 2015-09-05 23:23 | 思春期・反抗期 | Comments(0)

お誘いだってあるかも!?

最近、6年生の甥Yもめっきり体が大きくなってきました。それに伴って、小学校の女友だちからのお誘いや連絡が増えているようです。体が小さければ神経質に心配する必要もないのでしょうが、背丈が大人と変わらなかったり、女の子なら初潮があれば「小学生だから」と保護者も安穏に構えているべきではないと感じます。

e0143522_1658636.jpg私の経験からお話すると、小学校も高学年になると発達が早い女の子はテレビや漫画で見覚えたことを男の子に仕掛けたりする時期です。拙著にも書きましたが、15年前の合宿で5年生の女の子は私たちがミーティングの隙に好きな男の子に告白したことがありました。後から、他の女の子たちの非難の声が私たちに届き、それが発覚しましたが、相手の子も「好き」と言ったら本当はキスをするつもりだったといいます。それほど、女の子は5年生ともなれば、映画やドラマ、漫画も身近なこととして理解するようです。中でも、大きなお姉さんがいると、ファッションも小学生とは思えないほど派手になったり、露出が多くなったりします。

反して、男の子は体ばかりが大きくなっても、中身は子供で同級生の女の子の思惑を理解するほど何も理解していません。男の子は「単にクラスメートとして仲良くしている」と思っていると、クラスの女の子全員から、「誰それの気持ちに気づいていたのに、からかった」などと言われて総スカンを食らうこともあるかもしれません。

かといって、親が子供の付き合いのすべてに口出ししたり、管理し過ぎて、持ち物検査をしたり、電話の盗み聞きするのも、良好な関係とは言えず、子供は親に隠し事が増えていくでしょう。親子で互いに言いたいことを言える関係を作っておきたいものです。そのためには、「親が子供のことを口を出すのはいいが、子供は親に余計なことを言ってはいけない」という考え方では信頼は築きにくいと感じます。体が大きくなった子供は少しずつ心や精神も大人に近づいています。時に私たちにとって、耳の痛いことでも、大人も真摯に耳を傾ける気持ちが大事かもしれません。

さて、子供の心は自由であり、親であっても自由にはできないものです。ですが、未成年の内に、深い意味もわからないまま、男女の関係になったりするのは、保護者にも監督責任があります。古い考えだと言われるかもしれませんが、若気の至りや勢いで子供ができてうまくいく人は本当に少数です。このことは、男の子を持つ親御さんも女の子を持つ親御さんも、それぞれの立場で、子供の成長より先に、両親の考えをまとめておいて、早過ぎることはないかもしれません。
by k-onkan | 2015-04-27 23:52 | 思春期・反抗期 | Comments(0)

大切な子供だからこそ

私は仕事がら、子どもについて関心を持って暮らしている方です。毎週、音感を教えている子どものことは些細な変化でも気になります。最近も、授業中に少し態度が悪くなった男の子のお母様に「ご家庭ではどうですか?」とメールで連絡をすると、「先生には私の予定が何でも分かってしまいますね。実は今月は仕事が多忙を極めており、息子の話を聞く時間が充分にありませんでした。少し、気を付けて時間をとります。ありがとうございます」とのお返事がありました。

e0143522_1133755.jpg小学校高学年から中学1~2年の男の子が、少し反抗的な態度をしている時は、たいていお母さんの仕事が忙しくて話をする暇がなかったり、伝えたいことがあっても聞いてくれる大人がいないなどが原因だったりします。そして、それに気づかないで放っておくと、子どもはどんどん悪くなり、気づいた時には大きな問題を起こしていることもあり得ると感じます。子どもは一人で悪くなるのではなく、一緒にいる大人にも責任の一端はあると思うのはそのためです。

ですが、子どもの変化に気づかない親御さんだけを責める気持ちにもなれないのです。忙しく仕事をして、子どもの衣食住を整えるなどの日常生活に追われたお母さんが、子どもの些細な変化に気づくのはやはり簡単なことではありません。私が生徒の変化に敏感なのは、それが職業だからかもしれないからです。

思えば、我が家で17歳の少女が暮らしていた時、彼女の言葉にハッとさせられたことがあります。「麻奈先生は大好きだけれど、でも、もし、私が麻奈先生の子どもだったら、絶対にぐれていると思う。だって、よその子どもの事ばかり一生懸命で、自分のまわりには我慢させそうだもん」。

確かに、その通りかもしれません。思えば、自分も子どもの頃はさみしい思いをしつつも、「両親もたいへんなのだから」と納得して弟や妹の面倒を見たりしたものですが、弟はそうはいかず、一時、面倒なことをして、母に迷惑をかけていたものでした。

大人たちは、「こんなに忙しい時期に、親に迷惑をかけて」と眉をひそめましたが、忙しい時期だからこそ、自分に目が届かないことにSOSを出すのが思春期の子どもです。体が大きくなっていても、心や精神はまだまだ、幼かったりするのです。

川崎の事件は、子どもが大きくなったからと言って安心していてはいけない。たとえ仕事が忙しくても、兄弟がおおぜいいても、仕事や日常に疲れていても、ちゃんと子どもの目を見て、話をして、様子を観察しないと、大切な宝ものを失ってしまう可能性があることを私たちに教えてくれたのかもしれません。
by k-onkan | 2015-03-02 23:02 | 思春期・反抗期 | Comments(0)