麻奈先生のブログ~木下式の子育て論~
by k-onkan
カテゴリ
全体
木下式音感教育法
しつけ
子育て
教育
お稽古事
親業
音楽
乳児
のぞみクラス
幼児
児童
名誉団員・卒業生
思春期・反抗期
自立について
運動
発達障害
保育園
楽院だより
我が家のこと
自分のこと
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
蛹の頃~さなぎのころ~
最新のコメント
コメントをありがとうござ..
by k-onkan at 19:21
そういえば独身時代の私の..
by cocue-cocue at 23:44
ありがとうございます。女..
by k-onkan at 19:28
久しぶりにこのブログを訪..
by 藤本トモエ at 09:31
出演園児のお母様へ ..
by k-onkan at 06:33
作者について
木下式音感教育法認定講師
  木下麻奈
     
 木下式の基本は、幼児期に「躾・規律」を教え、高度な音楽基礎教育を施すことです。詳しくは、ホームページをご覧ください。http://www.kinoshita-onkan.com

イラスト:「ケイ&シュート」
 By ケンイチ・シライ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


あきらめないこと・・・

音楽祭まで残すところ、1週間です。各園にはオーケストラのカラオケを配布して、練習を行っています。しかし、このテープに頼った練習ばかりをしていると、私たちの耳が騙され、園児の音程が悪くなってしまいます。オーケストラ伴奏には、幼児の競争心を引き出してしまう効果があるからです。

e0143522_12583428.jpgさて、風邪引きの木下先生を伴って、名古屋まで指導に出向きました。前回、細かく指導してきたのですが、子供たちの歌声は今一つです。木下先生は、自ら、模範唱を与え、再度、一人ずつ、難しいところを歌わせ、園児一人ひとりに、一音ずつ意識を持たせるという地道な作業を行なっていました。「自分たちの指導に責任を持て」と教諭たちは、叱られていましたが、これは、「さらい方」が好ましくなかったということなのです。どんなに長い時間、練習に費やしても、子供たちの好き勝手な歌い方を許し、的確に注意しないのは、指導者に責任があります。

音楽の練習というものは無意味に長時間行っても効果はありません。大事な部分に意識を持てるように、その部分を反復する、つまり「さらうこと」が何より大事なのです。無駄に、長時間、歌うだけでは、ピアノの音や他の子の声に耳を傾けずに、ただ大きな声を出せば良いという習慣が身についてしまいます。これでは、音楽を作ることにはなりません。

音楽祭までは、残り1週間となりましたが、「これ以上、上手にならない」とあきらめることなく、「もっと、上手になるはず」との希望を持って、最後まで良い音楽作りをして欲しいと思っています。練習で100点を取っていても、本番では目減りするのが普通です。普段の練習で低い点を出していただのでは、本番でそれ以上になることはありません。そのために、一回、一回の練習を大事にして、少しでも良い結果を出したいと思っているのです。
by k-onkan | 2011-02-10 23:57 | 教育 | Comments(0)
<< 他人の心を読むこと・・・ ついにバレたか・・・ >>