麻奈先生のブログ~木下式の子育て論~
by k-onkan
カテゴリ
全体
木下式音感教育法
しつけ
子育て
教育
お稽古事
親業
音楽
乳児
のぞみクラス
幼児
児童
名誉団員・卒業生
思春期・反抗期
自立について
運動
発達障害
保育園
楽院だより
我が家のこと
自分のこと
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
蛹の頃~さなぎのころ~
最新のコメント
コメントをありがとうござ..
by k-onkan at 19:21
そういえば独身時代の私の..
by cocue-cocue at 23:44
ありがとうございます。女..
by k-onkan at 19:28
久しぶりにこのブログを訪..
by 藤本トモエ at 09:31
出演園児のお母様へ ..
by k-onkan at 06:33
作者について
木下式音感教育法認定講師
  木下麻奈
     
 木下式の基本は、幼児期に「躾・規律」を教え、高度な音楽基礎教育を施すことです。詳しくは、ホームページをご覧ください。http://www.kinoshita-onkan.com

イラスト:「ケイ&シュート」
 By ケンイチ・シライ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


子ども中心の子育てはダメ!!

私が音感のレッスンを行なう裏で、望クラスをしていた瑠音先生のクラスから、「ギャオー」という赤ちゃんの泣き声が聞こえてきました。ちょうど、その時間は1歳の女児の双子ちゃんと男児の孫弟子がお稽古をしていたところです。

e0143522_19552248.jpg何でも、双子ちゃんの内、強い女の子が、「自分の好きなこと」だけをして、苦手なことは、「プイ!」と拒絶したようです。こんな時、大人は「なんとか機嫌よく過ごして欲しい」と思い、その子の機嫌取りをしてしまいますが、双子の場合、どちらかだけの機嫌を優先すると、自我の強い子ばかりが得をして、静かな子はいつも我慢ばかりしていたりします。

瑠音先生は、自分の思いが通らず、泣いた子に「ダメ」と低い声で注意したのでしょう。気に入らないことに「ギャオー」と泣いた女の子を部屋の外に連れ出して、言い聞かせていましたが、女の子は相当強く、かなり長い時間、泣いて抵抗されたようです。でも、ワカランチンの相手なら瑠音先生も負けません。「泣くのを止めなさい。ギャーはダメ」と時間をかけて諭し、やっと静かになって部屋に戻っていきました。

木曜日は、望クラスが、一つ終わると、すぐに次の望クラスが始まります。すると、また、新たに「ギャオー」という声が聞こえてきました。1歳半の女の子が八つ当たりするかのように銀杏を投げ落としたそうです。それを「ダメ」と言うと、泣いて怒ったといいます。

瑠音先生は、抱きあげて部屋の外に出て、「物を投げてはダメ。分かった?」と言い聞かせて、「ハイ」と言ったようですが、戻ってママの顔を見ると「助けてくれなかった」という意味なのか、再度、泣きわめいたといいます。仕方がないので、もう一度、外に出て「ママがいても、ちゃんとやりなさい」と言い聞かせ、どうにか、レッスンが終わらせることができました。

1~2歳児のレッスンで、一番、大事なのは子どもの「心」を育てることです。そのためには、子どもの気持ちを受け止めながらも、「ダメなこと」はどんな理由があっても「ダメ」であることを、1歳から2歳の間に、教えておく必要を感じます。

でも、口をきけない頃の子どもを育てるお母さんには、「どこからどこまで」の子どもの欲求を受け止めて、「どこから」は受け入れてはならないかの判断が、とても難しいようです。でも、これを簡単に説明するなら、大人が助けなければ健康や命に係わりがあること、「お腹がすいた」「喉が渇いた」「眠い」「寒い」「暑い」などは、大人が責任を持って受け入れる必要がありますが、「物を投げる」「人を叩く」「不機嫌な感情で八つ当たりをする」などを見つけたら、幼い子どもでも、「ダメ」と伝え、その行為を止めることを教える必要があると感じます。

「一人では何もできない子どもだから」と言って、なんでもかんでも、子ども中心にする子育ては、子どもの大脳辺縁系が育たないと書かれた本を以前、読んだことがありますが、子どもの生理的欲求を全て、受け入れても、子どものワガママは、なんでも、かんでも受け入れないと言う意味だと思います。でも、最近は、「子ども中心の子育てがいけない」というと、「大人の都合中心の子育て」が正しいと思
れてしまうので、注意が必要かもしれません。


by k-onkan | 2018-04-12 23:54 | 子育て | Comments(0)
<< わが子をあきらめない!! ご入学、おめでとうございます >>