麻奈先生のブログ~木下式の子育て論~
by k-onkan
カテゴリ
全体
木下式音感教育法
しつけ
子育て
教育
お稽古事
親業
音楽
乳児
のぞみクラス
幼児
児童
名誉団員・卒業生
思春期・反抗期
自立について
運動
発達障害
保育園
楽院だより
我が家のこと
自分のこと
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
蛹の頃~さなぎのころ~
最新のコメント
コメントをありがとうござ..
by k-onkan at 19:21
そういえば独身時代の私の..
by cocue-cocue at 23:44
ありがとうございます。女..
by k-onkan at 19:28
久しぶりにこのブログを訪..
by 藤本トモエ at 09:31
出演園児のお母様へ ..
by k-onkan at 06:33
作者について
木下式音感教育法認定講師
  木下麻奈
     
 木下式の基本は、幼児期に「躾・規律」を教え、高度な音楽基礎教育を施すことです。詳しくは、ホームページをご覧ください。http://www.kinoshita-onkan.com

イラスト:「ケイ&シュート」
 By ケンイチ・シライ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2011年 01月 26日 ( 1 )

父親の愛とコーチの真意と

巷では、サッカーのアジアカップに興奮しているようです。そんな中、以前、友人から聞いたある話を思い出しました。それは、彼の息子が中学生の時、学校のサッカー部にJリーグのコーチが指導に来て、「リフティング200回できない人は、部から去るように・・・」と言ったことがあったという話です。小さな頃から、サッカーが大好きだったので「辞めさせられてはたいへん」と息子から相談され、友人は出勤前の早朝6時より、毎朝、わが子のリフティングの練習に付き合ったといいます。

e0143522_9472029.jpg10~15回くらい始め、最初は50回を目標に挑戦したそうです。48、49まではできるようになるのですが、なかなか、その壁は越えられません。けれど、それを繰り返す中で、壁を越える力を蓄えていると感じたといいます。50、100.200・・・。練習する中で加速がついてできるようにり、子供との幸せな「リフティング特訓」は数週間で終わったそうです。「何事も継続すればできるよう」になると子供に教えられたと話す友人を「良いお父さんの見本」と微笑ましく思ったものです。特に、今は、お金を使って、体操コーチが、わが子が苦手な「さかあがり」や「ドリブル」につきあう時代なのでなお更です。

さて、友人が子育てに関わったのは20年前。サッカーの話は、10年以上前の話ですが、最近の教育の実態を考えると、この話にはもっと深い意味があると気付いたのです。なぜなら、今の時代、コーチや先生が、「200回できない子は退部」などと口にしたら、まず、保護者からクレームがくるのは間違いないでしょう。「そんなことは無理」「練習する時間がない」「リフティングとサッカー技術は関係ないではないか」「できない子がかわいそう」「そんな理不尽な要求をするコーチを替えて」「やらせたかったら、コーチが時間を作って、練習を見るべき」。保護者から言われそうなことも想像できます。そして、学校側も「無理な要求をせずに、妥協するように」とコーチを指導するかもしれません。

さて、プロとして活躍した人には、彼らにしか理解できない訓練の重要性があるのだろうと思います。そして、コーチに「200回できなければ退部」と言われた時に、「ボクはできない」と諦める子供は、どんな技術を持っていても、試合中に闘争心に欠けるだろうと思います。反対に、最初はできなくても「絶対に200回できるようになってやる」という子、「やりたいこと」のために最大限の努力をして期間内に結果を出す子供こそ、コーチが求めた部員であっただろうと思うのです。

これは、物を習得する上で、素直に師の言葉に従えるかの「踏み絵」でもあると感じます。先生(コーチ)に「これをしなさい」と言われた時に、疑問を持たずに素直に練習する人と、「こんなことをやって何の意味があるの?」と疑問に思いながら、取り組むのでは、その成果はまったく違うものになるということです。物を教えてもらうということは、技術を盗ませてもらうということです。真剣に物を学ぶための奥義は、その方法を真摯に身につけるしかありません。これは、「先生と生徒」が平等になったことで、日本の教育現場に一番、失われてしまったことでもあるのです。
by k-onkan | 2011-01-26 22:42 | 教育 | Comments(0)