麻奈先生のブログ~木下式の子育て論~
by k-onkan
カテゴリ
全体
木下式音感教育法
しつけ
子育て
教育
お稽古事
親業
音楽
乳児
のぞみクラス
幼児
児童
名誉団員・卒業生
思春期・反抗期
自立について
運動
発達障害
保育園
楽院だより
我が家のこと
自分のこと
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
蛹の頃~さなぎのころ~
最新のコメント
コメントをありがとうござ..
by k-onkan at 19:21
そういえば独身時代の私の..
by cocue-cocue at 23:44
ありがとうございます。女..
by k-onkan at 19:28
久しぶりにこのブログを訪..
by 藤本トモエ at 09:31
出演園児のお母様へ ..
by k-onkan at 06:33
作者について
木下式音感教育法認定講師
  木下麻奈
     
 木下式の基本は、幼児期に「躾・規律」を教え、高度な音楽基礎教育を施すことです。詳しくは、ホームページをご覧ください。http://www.kinoshita-onkan.com

イラスト:「ケイ&シュート」
 By ケンイチ・シライ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2011年 01月 27日 ( 1 )

親でなければ誰が?

久しぶりに美容院に出かけました。どこへ行っても、私の話題の引き出しからは子供や教育のことしか出てこないのでしょう。美容師のTさんから、突然、「子供の責任はやっぱり、親にあるんですか?」という質問を受けました。30歳になるかならないかの彼は、人柄がよく真面目な仕事ぶりがとても好感が持てるのですが、その質問に私の方が驚いてしまいました。

e0143522_2343675.jpg「そうですよ。だって、自分の家から犯罪者が出たら親は地獄でしょ?」「それはそうですね」「そうしないためにも、親はわが子をまともな人間に育てる義務と責任があるのですよ」「そうなんですか・・・」。どうも私の答えにピンときていないようです。少々、「口うるさい」と思われても真剣に若い人に伝えることが必要だと切実に思えた瞬間でした。

「たとえば未成年者がお酒を飲んで捕まったら、その責任は、飲ませた大人にあるんですよ」。「え~。なぜですか?」「子供には自分で責任を取る能力がないから、そして、大人は子供に正しいことを知らせる責任があるからじゃないでしょうか?たとえば、高校生が飲酒で捕まったら、飲んだ本人ではなく、未成年にお酒を出した店が罰せられます」「本当ですか?」「そうですよ。大人は未成年に飲ませない責任があるのです。だから、たとえ親が20歳になる前に、お酒を飲む練習をしてやりたいと思っても、建前では飲ませてはいけないのです。いつだったか、居酒屋で親と一緒にお酒を飲んでいた高校生が、自分の写真をネットに流して、その親が捕まったことがあったと思いますよ」。

昔は、「親がわが子を責任持ってまっとうに育てること」はしごく当たり前のことでした。しかし、そうしたことさえ、知らないのが今の日本の若者たちなのです。悪気はありません。ただ、誰からも、当たり前のことをきちんと教えられてこなかっただけです。何も知らずに大人になって、家族を作り、子供を持つ、そして、子供に教育する責任も知らずに、その子が大きくなって・・・。冗談ではなく、これからの日本は本当にたいへんなことになると私も思えてきました。おせっかいな私は、Tさんに、「子供ができたら、責任を持って育てる親になってください」という願いを込めて、「なぜ、親に責任があるか」を説明してしまいました。

実は、Tさんには、私が卒業生のAを預かっていた時、金髪を黒髪に染め直していただいたことがあるのです。そのため、よく、「Aちゃん、どうしていますか?」と聞かれるのです。昨日も聞かれたので、「Aもずいぶん、お利口になって、まともなことを言えるようになりました」と報告しました。「子供の頃、優秀だったのに、どうして、悪い方へ行こうとするんですかね?」と言われたので、「社会で「努力しない人もいる」と知って、「ならば自分も努力しなくてもいいじゃない」と楽な方へ流されたりしたんでしょうね・・・」と説明すると、「(市川)海老蔵さんを殴った子も、子供の頃は、優秀なサッカー選手だったそうですね。どうして、途中で変わってしまうのですかね~。それも親の責任ですか?」「親にも周りの大人にも責任があったと思いますよ。今はもう成人しているから、犯した罪は自分で償わなくちゃいけませんけど。親にしてみたら犯罪者で有名になるより、サッカー選手で有名になる方が名誉だったでしょうね」「それはそうですよね」

「未熟な子供の頃に、何かに努力をし続けるためには、大人の協力が大きいんですよ。スランプもあるでしょう?もう辞めたいって思った時に、「お前には人にない才能があるから、頑張れ」と声をかけてくれる大人がいるとか、素行が悪くなってきたときに、「自分の才能を無駄にせずに素行を正せ。このままでは、将来、犯罪者になってしまう」と真剣に心配したり、叱ってくれる大人が少なかっただろうと思いますよ」。

「うちのAもばかなことはたくさんしましたが、その都度、お父さんが真剣に怒ったり、お母さんが泣きながら探し回ったり、私のように口うるさくいう大人がいたから、最低限、「これはやったら叱られるだろう」とか「犯罪者にだけはならない」と思っているんですよ。もし、「言っても無駄」とAのまわりの大人が諦めたら、犯人と同じようにAも転落していたかもしれません。だから、親や周りの大人の責任はやっぱり大きいんだと思います」。ここまで説明して、やっと、「そうか・・・。親に責任があるんだなぁ・・・」と納得してくれた年若い彼を見て、若い人が何も知らないのは、年長者の私たちがきちんと、伝えたり教えたりしない責任なのだと実感したのでした。
by k-onkan | 2011-01-27 23:43 | 子育て | Comments(0)