麻奈先生のブログ~木下式の子育て論~
by k-onkan
カテゴリ
全体
木下式音感教育法
しつけ
子育て
教育
お稽古事
親業
音楽
乳児
のぞみクラス
幼児
児童
名誉団員・卒業生
思春期・反抗期
自立について
運動
発達障害
保育園
楽院だより
我が家のこと
自分のこと
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
蛹の頃~さなぎのころ~
最新のコメント
コメントをありがとうござ..
by k-onkan at 19:21
そういえば独身時代の私の..
by cocue-cocue at 23:44
ありがとうございます。女..
by k-onkan at 19:28
久しぶりにこのブログを訪..
by 藤本トモエ at 09:31
出演園児のお母様へ ..
by k-onkan at 06:33
作者について
木下式音感教育法認定講師
  木下麻奈
     
 木下式の基本は、幼児期に「躾・規律」を教え、高度な音楽基礎教育を施すことです。詳しくは、ホームページをご覧ください。http://www.kinoshita-onkan.com

イラスト:「ケイ&シュート」
 By ケンイチ・シライ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2016年 05月 30日 ( 1 )

お父さんもできるようになってきたよ

年長のJくんのお父さんはわが子がピアノを始めた時に、一緒に同じ教本の勉強を始められたようです。「ぼくは、楽譜も苦手なので、ピアノは分かりません」と言われた時に、まゆみ先生から、「子どもと一緒に、両手が同じところから開始すれば、ある程度は弾けるようになります。ぜひ、挑戦してください」と言われてからです。

e0143522_16223267.jpg最近、Jくんがピアノのレッスンにやってきて、「お父さんもね~。音と音をつなげて弾けるようになってきたんだよ」とまゆみ先生に報告があったようです。男の子にとって、「お父さんより、できること」があるのは、とても大事なことだと感じます。

幼児期の男の子は、女の子に比べると脳科学的にも幼いと言われています。その上、異性であるお母さんには、男児はいつまでも甘えん坊な面を見せるため、男児を強く、たくましく育てるには、男親の存在が欠かせません。

幼い頃は、お父さんと息子が一緒に共有できる趣味や遊びを通して男のつきあいをして、大人になったら子どもが自信をもって「お父さんに教えられる何か」があることが、自立心ある男を育てる一助になると言われています。

Jくんのお父さんが、Jくんと一緒にピアノを勉強してくださることは、Jくんを自立心ある男の子に育てるのに役だっていると感じます。ただし、一つ忘れてはいけないことがあります。それは、音楽や運動は年齢を経て始めるより、幼い方が習得は容易です。つまり、一緒に勉強を開始したら、大人は幼児の進歩にはかないません。

だからといって、子供がお父さんを下に見たり、生意気な口をきいたりしていい理由にはなりません。万一、悪い態度が見えたら、「音楽が得意なのは、両親が小さい頃からレッスンに通わせてきたから」。そして、「先生に教えてもらっているから」という他者への感謝も忘れずに導くことが、賢く自立心があり、他人に対して思いやりのある男の子を育てるコツなのではないでしょうか。
by k-onkan | 2016-05-30 23:21 | 幼児 | Comments(0)