麻奈先生のブログ~木下式の子育て論~
by k-onkan
カテゴリ
全体
木下式音感教育法
しつけ
子育て
教育
お稽古事
親業
音楽
乳児
のぞみクラス
幼児
児童
名誉団員・卒業生
思春期・反抗期
自立について
運動
発達障害
保育園
楽院だより
我が家のこと
自分のこと
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
蛹の頃~さなぎのころ~
最新のコメント
コメントをありがとうござ..
by k-onkan at 19:21
そういえば独身時代の私の..
by cocue-cocue at 23:44
ありがとうございます。女..
by k-onkan at 19:28
久しぶりにこのブログを訪..
by 藤本トモエ at 09:31
出演園児のお母様へ ..
by k-onkan at 06:33
作者について
木下式音感教育法認定講師
  木下麻奈
     
 木下式の基本は、幼児期に「躾・規律」を教え、高度な音楽基礎教育を施すことです。詳しくは、ホームページをご覧ください。http://www.kinoshita-onkan.com

イラスト:「ケイ&シュート」
 By ケンイチ・シライ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2018年 03月 17日 ( 1 )

卒業式を行いました!!

平成29年度の修了式、卒業式がありました。今年は、6年生の男児2名が名誉団員になりました。子供たちは、それぞれ、楽院で身に着けた能力を発表し、その後、「名誉団員の賞」を授与されました。

e0143522_23241731.jpg2歳から通ったSくんは、10年前に楽院のオペラがドキュメンタリーとして紹介された「ドレミは子育て」をご覧になったお祖父さまの後押しで、楽院に音楽の勉強に通ってきました。小さいころは、レッスンの度に泣いていやがり、小学生になっても、「まだまだ、心を許していないのでは?」と不思議に思いながら、通ってきたこの子が、10年の歳月を経て、ピアノが得意な男の子に育ったことは、想定外の喜びです。

楽院に8年1か月通ってきたYくんは、入学当初、こんなに誇らしく卒業の日を迎えられるとは、だれも想像していませんでした。体験授業で初めて出会った日に、お祖母ちゃまに、「この子を木下式で必ず成長させる」とお約束はしたものの、一般の教育現場と楽院の教育方針の大きな違いがあり、悩むことも多くありました。

この8年間、昔ながらの楽院の方針を貫き、ほかの子と同じように、「いいことはいい、悪いことは悪い」と厳しく接してはきましたが、同時に凸凹の気質ゆえの「生きづらさ」を理解し、「どのように接するべきか」を学ぶために、小田原や鹿児島など、その道の著名な先生方に教えを請いにも出かけました。

すべてのご縁は、Yくんが私にもたらしてくれたもので、その経験は、私がさまざまな場で出会う凸凹っ子との関わりに自信を持たせてくれました。Yくんとの8年は、私がどんなに発達が遅れている子に出会っても、「必ず、音楽を通して能力開花のお手伝いできる」と確信も持たせてくれました。

木下式の接し方は、子供の喜怒哀楽に踏み込み、おべっかを使ったりしないため、その時は、厳しいと感じるかもしれません。また、感情的になったり、子どもの負の気持ちに踏み込むのが苦手な大人は、「子供に自信を失わせるのでは?」「子供の心に傷を生むのでは?」と、疑問を持つようですが、大人が自信をもって関わっていれば、子供が成長して、人間の本質を見抜くように、誰よりも信頼してくれたりします。

最後に、Yくんが読み上げた答辞のなかから、楽院の先生たちへのメッセージを抜粋して、ご紹介しましょう。

「僕は楽院に入って音楽の大切さを学びました。木下先生がおっしゃる「音楽は言葉なんだ」という言葉は今でも心に残っています。楽院の先生方には本当に感謝しています。「中学でも続けないと、宝の持ち腐れだ」と木下先生に言われたので、音感を続けたいです。これかも音楽を大切して生きていきたいと思います。最後まであきらめずに指導してくださった楽院の先生方、ピアノの前田先生、山崎先生、ありがとうございました。おかげで僕はあきらめないという言葉が好きになりました。改めてお礼を申し上げます」。


by k-onkan | 2018-03-17 23:23 | 楽院だより | Comments(0)