麻奈先生のブログ~木下式の子育て論~
by k-onkan
カテゴリ
全体
木下式音感教育法
しつけ
子育て
教育
お稽古事
親業
音楽
乳児
のぞみクラス
幼児
児童
名誉団員・卒業生
思春期・反抗期
自立について
運動
発達障害
保育園
楽院だより
我が家のこと
自分のこと
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
蛹の頃~さなぎのころ~
最新のコメント
コメントをありがとうござ..
by k-onkan at 19:21
そういえば独身時代の私の..
by cocue-cocue at 23:44
ありがとうございます。女..
by k-onkan at 19:28
久しぶりにこのブログを訪..
by 藤本トモエ at 09:31
出演園児のお母様へ ..
by k-onkan at 06:33
作者について
木下式音感教育法認定講師
  木下麻奈
     
 木下式の基本は、幼児期に「躾・規律」を教え、高度な音楽基礎教育を施すことです。詳しくは、ホームページをご覧ください。http://www.kinoshita-onkan.com

イラスト:「ケイ&シュート」
 By ケンイチ・シライ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2018年 04月 05日 ( 1 )

言葉はコミュニケーションから!

わが家に3年生の甥Kが滞在している間に、「言葉は使って覚えるもの」と再認識する出来事がありました。それは、昼食の準備をしていた時のことです。食卓にKの花粉症予防のマスクが起きっ放しになっていので、「マスクを置いておかないで」と注意したのです。すると、「『置いておかないで』じゃなくて『置かないで』でしょ?」と注意されたのです。たぶん、普段、妹に「置かないで」と叱られているのでしょう。

e0143522_15221896.jpg「『置いておかない』というのは朝ご飯の時に置いて、昼ご飯の前もまだ『置いてある』ということ。だから『置きっぱなしにしないで!』ということ」と説明すると、「あぁ、そういう意味か……」と納得したようです。ちょうど、兄甥が英語で「現在完了」を勉強していますが、日本語も少し語尾を替えると、まったく違うニュアンスになることがあります。そして、その使い分けは自分で使って間違って誰かに指摘されたりしないと、なかなか覚えられないものかもしれません。

ちょうど、その頃、兄甥が初めて通う塾の面談で瑠音先生が「家庭に会話があり、親子で色々なことを話す子どもの成績がいい」という話を聞いてきたところでした。親が子どもに勉強を教えるのは「成績をあげるため」と思いがちですが、本当に大事なのは勉強を通して親子に会話が生まれ、コミュニケーションを取ることだと言われます。

お泊りに来ていた甥は、「家庭学習の課題」を持っていました。その中にAIには難しそうな問題がありました。それは、「隆くんは3人家族です。夕ご飯のおかずに82円のおでんを一人に3個ずつ買い1000円札を私ました。おつりはいくらでしょう」というものです。Kが作った計算式は、「82円のおでんを3個」買ったことになっていました。そこで、「3人家族に3個づつだと、いくつ、おでんがいるの?」と一緒に考え、答えを出しました。

最近読んだ、「AI vs. 教科書が読めない子どもたち(著:新井紀子)」の中に、「日本人の3人に1人が簡単な文章を理解できない」という内容が書かれていましたが、正しい式を見つけ出すためには、計算力以上に文章力が大事だと感じます。そして、文章力を付けるためには、子どもの内は、親子でコミュニケーションを取ることが、AIに負けない人間を育てるの一つの方法であると感じるのです。


by k-onkan | 2018-04-05 15:20 | 児童 | Comments(0)